2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« トロピカーナ朝のフルーツシェイク | トップページ | 実は寒いの好き »

2010年1月25日 (月)

大河ドラマ『龍馬伝』第4回「江戸の鬼小町」

Ryomaden今回から、龍馬は江戸へ。

大河ドラマ『龍馬伝』
第4回「江戸の鬼小町」

江戸に到着した龍馬は北辰一刀流の名門・千葉道場に入門。案内されて道場に入った龍馬は、“鬼小町”と呼ばれる千葉道場の看板娘・佐那と手合わせをし、彼女の竹刀さばきの素早さに、江戸の剣術のすごさを知り驚きます。
一方、土佐にとどまった武市は道場に門人たちを集めており、武市に負けずと弥太郎も学問塾を開いていました。ある日、弥太郎の塾に、縁談を断った加尾が入門してきて弥太郎は有頂天に。
江戸の龍馬は剣術に打ち込み腕をめきめき上げていき、江戸での剣術修行の厳しさを書き綴った龍馬の手紙に土佐の家族は安心するが、乙女だけは龍馬が剣術にのめりこみ世の中を見ていない、と手紙で叱りつけるのでした。その手紙を読んだ溝渕広之丞に「お前の知らない世界を教えてやる」とたいという龍馬は、ある飯屋に連れて行かれ、桂小五郎という長州藩士と出会います。桂は異国の船が日本に迫ってきているといい、龍馬に日本の危機を説くのですが…。


今回、江戸の千葉道場で剣術修行を始めた龍馬。彼が家族に宛てた手紙は、その厳しさとともにやりがいを感じている様子がいきいきと伝わってきて、家族がその手紙を囲んで「龍馬もなかなか頑張ってるな」と笑顔になる様子も微笑ましかったです。それでも乙女だけは、納得していませんでしたが…(苦笑)。その乙女からの手紙を読んで不貞腐れる龍馬と、それを読んだ溝渕のやりとりは面白かったです。
今回は千葉道場の面々や桂小五郎など、新しい登場人物がたくさん登場しました。千葉佐那を演じる貫地谷しほりさんは凛々しくも時折見せる笑顔が可愛らしくて魅力的でした。

また飯屋で出会ったのは、谷原章介さん演じる桂小五郎(後の木戸孝允)。溝渕に「金を払えば二階で女に添い寝してもらえるぞ」と言うのに、「父上から女にうつつをぬかすなと言われているので」と言う龍馬を「偉い!」と誉め「日本は危ない」とろれつの回らない様子で語る彼の顔には墨で描いたらしいヒゲが。あれはもしや二階で遊びに興じた名残りでは…(笑)。

一方、土佐に残った半平太や弥太郎。それぞれに塾を開くことになりますが、半平太は順調に塾生を集めながらも、龍馬への嫉妬や焦りを弥太郎に言いあてられていら立ち、弥太郎は半平太に負けじと塾を開こうと意気込むものの相変わらず、甲斐性のない父親を見てやるせない思いになります。それにしても…弥太郎の父・弥次郎の様子は、こう毎度のことになると、その駄目っぷりがむしろ笑えます。いえ…弥太郎や、その母・美和などの家族としては笑いごとではありませんが…。そんな彼にも、自分の塾に加尾が入門を願い出てくるという嬉しい出来事が。この先の展開、気になります。

さて次回は、今回ラストで浦賀に姿を現したペリー率いる艦隊を目にした龍馬の変化。ちょっと良い感じになった佐那と龍馬の関係もまた変化しそうな感じで、またまた目が離せません。

坂本龍馬…福山雅治
岩崎弥太郎・語り…香川照之
武市半平太…大森南朋
平井加尾…広末涼子
坂本八平…児玉清
坂本権平…杉本哲太
坂本乙女…寺島しのぶ
岩崎弥次郎…蟹江敬三
岩崎美和…倍賞美津子
岡田以蔵…佐藤健
千葉定吉…里見浩太朗
千葉佐那…貫地谷しほり
千葉重太郎…渡辺いっけい
桂小五郎…谷原章介
溝渕広之丞…ピエール瀧

« トロピカーナ朝のフルーツシェイク | トップページ | 実は寒いの好き »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

第4回ドラマ終了後 
杉並区の現道場(玄武館?)の紹介があり、 その中で
とびっきりの美貌の女性が素振りをされているシーンがながれました
えっ きれい!
まさに 千葉の鬼小町の再来?
あの女性は 道場の関係の人ですか?
びっくりするほど 美人。

最近仕事が物凄く忙しいのでストレスが溜まりがちで、笑顔があまりでなくなりました・・・

それだけに今回の話は、自分に対する語りかけのように感じました(笑)

>どわっちさん

はじめまして。
「龍馬伝紀行」のなかに登場された方でしょうか…。
残念ながら、私はいち視聴者に過ぎないので何も
存じ上げませんが…。

>はたやんさん

お仕事お忙しいのですね…。お疲れ様です。
ストレスが大きくなると表情が乏しくなってきますよね…。私も同じような経験があるので何となくわかります…。
そんななかでもドラマを見たり音楽を聴いたりする時間のなかに少しでも心の緊張の解ける時間があると良いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/47366835

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『龍馬伝』第4回「江戸の鬼小町」:

« トロピカーナ朝のフルーツシェイク | トップページ | 実は寒いの好き »