2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 1月に観たい映画その後 | トップページ | 久々に、雪 »

2010年2月 1日 (月)

大河ドラマ『龍馬伝』第5「黒船と剣」

Ryomaden_2 さて今回、剣術修行に疑問を抱く龍馬ですが…。

大河ドラマ『龍馬伝』
第5回「黒船と剣」

ペリーの来航を受け、幕府は各藩に江戸湾への警備を命じるものの、長く続いた太平に慣れ切った武士たちは、兜や鎧の装備もままなりません。龍馬と溝渕広之丞も品川沿岸の警備に駆り出されますが、浦賀沖に停泊している黒船を見るために陣を抜け出した龍馬はそこで桂小五郎と出会い、ともに黒船を間近に目撃することに。
刀ではかなわない圧倒的な西洋文明の力を見せつけられ、「黒船に対して剣は役に立たない」と龍馬は剣術修行を続けることに疑問を抱き始め、そのこと佐那に打ち明けます。龍馬に淡い思いを抱き始めた佐那は困惑しながらも、それを父・定吉や兄・重太郎に言ってはならないと釘を刺すのでした。思い悩んだ龍馬は桂を訪ねると、桂も黒船に対して日本の取るべき道を考え悩んでいました。
幕府は長年の慣例を破り、諸藩に異国への対応について意見を求めます。土佐では武市半平太や岩崎弥太郎が藩へ意見書を提出していました…。


黒船の姿を目にしたことで、剣術修行の意味を見失いつつあった龍馬が、土佐の家族に書いた手紙。そこに書かれた「異国人の首を打ち取り土佐へ帰る」という言葉に、姉の乙女は「龍馬らしくない」と違和感を覚えます。確かに…幼いころは臆病で、成長してからは圏の腕前はともかく、争いを好まなかった龍馬。それに、どこか常人の枠にはまらない部分を知っている乙女にとって、国のことを考えるのはともかく、ことさら勇ましく戦のことを語ったり、他の人が戦だという雰囲気になったからと言ってそれに倣うというのが龍馬らしくないと思うのは当然のことだったでしょう。

黒船の来航や、それによって幕府が各藩に意見を求めたことによって、幕府に対する不信感を抱いたり、これからの日本の行く末を考える人々が増えて…、ここが幕末の動乱の始まりと言っていいのでしょうか。何が正しいのか、明確な答えがあるというよりは、それぞれの人がそれぞれの信じるものを目指して、または模索しながら進んだ時代だと思います。今まだ、その道を見つけられていない龍馬のこれからが気になるところです。

そうそう、今回ちょっとだけ登場した、第13代将軍・家定※この時は家祥(いえさち)。その様子を目にして、一昨年の大河ドラマ『篤姫』で堺雅人さんの演じた家定を懐かしく思い出しました。

さて…千葉道場を追い出され、土佐にいる家族の思いを裏切ってしまったことに後悔の涙を流した龍馬が、どんな道を歩いて行くのか…次回が気になるところです。

坂本龍馬…福山雅治
岩崎弥太郎・語り…香川照之
武市半平太…大森南朋
平井加尾…広末涼子
坂本八平…児玉清
坂本権平…杉本哲太
坂本乙女…寺島しのぶ
岩崎弥次郎…蟹江敬三
岩崎美和…倍賞美津子
岡田以蔵…佐藤健
山内豊信…近藤正臣
吉田東洋…田中泯
千葉定吉…里見浩太朗
千葉佐那…貫地谷しほり
千葉重太郎…渡辺いっけい
桂小五郎…谷原章介
溝渕広之丞…ピエール瀧

« 1月に観たい映画その後 | トップページ | 久々に、雪 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/47441759

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『龍馬伝』第5「黒船と剣」:

» 佐藤健ファンの部屋 [佐藤健ファンの部屋]
佐藤健についての情報サイトです。よろしければご覧ください。 [続きを読む]

« 1月に観たい映画その後 | トップページ | 久々に、雪 »