2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画『ラブリーボーン』 | トップページ | いちごの季節 »

2010年2月 8日 (月)

大河ドラマ『龍馬伝』第6回「松陰はどこだ?」

Ryomaden 道場を追い出された龍馬の行動とは…。


大河ドラマ『龍馬伝』
第6回「松陰はどこだ?」

道場を追い出された龍馬は、することもなく時間を持て余していました。
そこへ龍馬を心配した佐那が訪ねてくる。佐那は定吉に謝罪して許してもらうように言いますが、龍馬は自分が剣術をやる意味を見いだせない以上、謝ることはできないというのです。
龍馬が再び桂小五郎を訪ねると小五郎は吉田松陰にこそ話を聞くべきだといいます。
龍馬が思い悩む間にペリーが再び来日し、龍馬は再び湾岸警備に動員される。日本中に異国を排斥すべきという攘夷運動が巻き起こるなか小五郎は龍馬を呼び出し、松陰を探しに出るのでした。松陰はペリーの船に乗り込もうとしていて、海の向こうに何があるのか自分の目で確かめたいという松陰は龍馬に、思い悩んでいる暇があったらできることを今すぐに始めろと説教するのでした。その松陰の言葉に感銘を受けた龍馬は、ふたたび千葉道場の門を叩きます。
一方土佐では半平太が意見書を藩に提出したものの、上士ではないために冷遇されてしまいます。対する弥太郎は、提出した意見書は米問屋の目にとまり、江戸行きの費用を出してもらえることになり大喜び。気を良くした弥太郎は、加尾に結婚してほしいと申し出ますが…。


黒船来航によって時代は幕末の動乱に向けて動き出しましたが、龍馬はまだまだ自分の歩む道が定まっていなくて、なにかしなくては…という気持ちはありながら、それを見つけようと模索している感じでしょうか。
そんな龍馬は、小五郎とともに会いに行った松陰に「自分も連れて行ってくれ」と頼み、「それは僕のやるべきことで、君のやるべきことではない!」と叱り飛ばされます。確かに…、この人凄いなと思ってその人と同じことをするというのは、あまりに簡単すぎる気もします。その点で龍馬はまだまだだなという気もしますが、自分を鍛えることが今やるべきことだと気付き、剣術修行に戻りやり遂げたのは良かった気がします。

それから土佐。
今回の見どころはやはり、武市と、田中泯さん演じる吉田東洋とが対面する場面でしょうか。ピリピリとした緊張感に目が離せませんでした。ここで「本当に攘夷が叶うとでも思うのか」「日本には開国する道しかない」と厳しい言葉で断じる東洋に反感を覚えた武市はこの後、尊王攘夷をさらに声高に唱えるようになっていくということで…かなり重要な場面と言えるかもしれません。
また、弥太郎がようやく江戸行きのめどが立って大喜びの様子には、今までどうにもならないような貧乏や、周囲の人の蔑む目に苦しみながらの暮らしのやるせなさを見ているだけに、母の美和の嬉しそうな笑顔も相まって、見ているこちらも嬉しくなりました。しかし…その勢いに乗って加尾に「一緒に江戸へ行こう」と結婚を申し込んだのは、どうでしょうか…。この先の展開は、次回へ持ち越しということで、待ち遠しいです。

さて次回は、いよいよ土佐へ帰ってきた龍馬がどんな行動を起こすんだろう…というのが気になります。

坂本龍馬…福山雅治
岩崎弥太郎・語り…香川照之
武市半平太…大森南朋
平井加尾…広末涼子
坂本八平…児玉清
坂本権平…杉本哲太
坂本乙女…寺島しのぶ
岩崎弥次郎…蟹江敬三
岩崎美和…倍賞美津子
岡田以蔵…佐藤健
山内豊信…近藤正臣
吉田東洋…田中泯
千葉定吉…里見浩太朗
千葉佐那…貫地谷しほり
千葉重太郎…渡辺いっけい
桂小五郎…谷原章介
吉田松陰…生瀬勝久
溝渕広之丞…ピエール瀧

« 映画『ラブリーボーン』 | トップページ | いちごの季節 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/47497722

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『龍馬伝』第6回「松陰はどこだ?」:

« 映画『ラブリーボーン』 | トップページ | いちごの季節 »