2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 村治佳織ギター・リサイタル/ゲスト:古川展生(チェロ)in茅野市民館コンサートホール | トップページ | 道山さんinスタジオパークからこんにちは »

2010年3月14日 (日)

映画『ゴールデンスランバー』

Goldenslanbar 2010年、映画館で観る4作目はこちら。

映画『ゴールデンスランバー』
 
野党初の総理大臣・金田首相の凱旋パレード中、ラジコンヘリ爆弾による暗殺事件が勃発。その付近にいた宅配便ドライバーの青柳は、なぜかいきなり犯人として警察に追われることになってしまい…。


いやー、面白かったです。
まだ原作を読んでいませんが、伊坂幸太郎さんは、ここ最近好きで度々作品を読んでいる作家さんのひとり。その伊坂さんの小説が原作の映画ということで、とても楽しみにしていたのに、なかなか観に行くことができませんでしたが…なんとか間に合って良かったです。
堺雅人さん演じる主人公・青柳が、いきなり事件に巻き込まれ、首相暗殺犯として追われるようになります。その逃走劇や、執拗に追ってくる警察の不気味さにハラハラしつつも、そのなかで、青柳の無実を信じる人々の存在にはどこか心温まるものを感じさせられました。とくに、伊東四朗さん演じる青柳のお父さんには、ちょっと笑いつつも、息子を信じるという心の大きさ、深さに泣かされました…。
それから、吉岡秀隆さんや竹内結子さんに劇団ひとりさんという、青柳の学生時代の友人を演じる人たちはもちろん、ちょっとしか出てこないような人たちまでが魅力的で、とくに、伊坂さん作品の映画によく出演している濱田岳くんは、今回もオイシイ役で登場してますね…。ちょっとクセのある役柄ではありますが、良い感じでした♪
悪役方面(?)では香川照之さんと永島敏行さん。こ、怖かったです本当に…!この方たちの演技が、青柳が窮地に陥っている!という切迫感を生んでいた気もします。

原作を読んではいませんが、吉岡さん演じる森田の「お前、オズワルドにされるぞ」という台詞とか、一見、ストーリーの本筋に関係なさそうなエピソードが後々大きな意味を持っていることが分かってくる、その伏線の張り方の絶妙さは、やっぱり伊坂さんらしいなぁと思う部分でした。
また、去年仙台に行く機会があったので、仙台駅前とか、首相パレードの舞台になった定禅寺通りとか、青柳と森田が再会する交差点とか、見覚えのある場所が登場するとやっぱり嬉しくなって、青柳が逃げる場面は、あの道の裏ってこんな風だったんだ…と、そういうのを見るも面白かったですね。

本当に面白くて、楽しめた作品でした!

« 村治佳織ギター・リサイタル/ゲスト:古川展生(チェロ)in茅野市民館コンサートホール | トップページ | 道山さんinスタジオパークからこんにちは »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ゴールデンスランバー』:

« 村治佳織ギター・リサイタル/ゲスト:古川展生(チェロ)in茅野市民館コンサートホール | トップページ | 道山さんinスタジオパークからこんにちは »