2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 道山さんinプレミアム8「伝統芸能の若き獅子たち」 | トップページ | フィギュアスケート世界選手権 »

2010年3月29日 (月)

大河ドラマ『龍馬伝』第13回「さらば土佐よ」

Ryomaden さて…今回で第一部、完結です。


大河ドラマ『龍馬伝』
第13回「さらば土佐よ」


後藤象二郎から龍馬暗殺の命を受けた弥太郎は、龍馬のお茶に毒を入れますが、龍馬がお茶を飲む前に、弥太郎は龍馬の湯飲みを払いのけ、命を救うのでした。
龍馬は武市半平太が吉田東洋を殺そうとしているのを知り、龍馬自身が東洋の真意を問いただすことで武市を押しとどめようとします。龍馬は単身東洋邸へ赴き、武市にも参政させてほしいと願い出ますが、東洋は真に土佐藩のためを考えているのは自分だと語り、能力があれば下士であろうと取り立てるが、武市にはその能力がないから相手にしていないのだと龍馬に告げるのでした。東洋は武市が思うような悪人ではないと、龍馬は悟ります。
勤王党の中には、何もできない武市と土佐藩に見切りをつけ、脱藩を考える者たちも出始めていて、沢村惣之丞は龍馬にともに脱藩しようと持ちかけます。
そのころすでに武市は、ひそかに東洋暗殺を実行するための刺客を集めていました。龍馬は再び武市を訪ね、東洋を殺すべきではないと武市を説得する。武市は龍馬の気持ちをくみ、東洋を殺したりしないとその場を取りつくろいますが、二人の間には深い溝ができていて、どうにもならないもどかしさに苦悩する龍馬。そんな悔しさと失望感で龍馬の心の中には、土佐をを飛び出し日本のためになることをしたいという気持ちが、今まで以上にふつふつと湧きはじめていました。龍馬の気持ちを知った乙女たち坂本家の面々は、龍馬の脱藩をあらゆる形で援護し、そんな家族の温かい心遣いに龍馬は涙するのでした。
そして、涙ながらに静かに龍馬を送り出す家族たち。その翌日には龍馬の姿は坂本家から消えていました。
…龍馬が脱藩したころ、武市はついに東洋暗殺の決行に踏み切り…。


今回はついに龍馬が、生まれ育った土佐と家族を捨てても新しい世界へ飛びだそうという覚悟をします。龍馬の決意を知って驚く家族を説得したのは、乙女。それに応えて龍馬の背中を押す家族たちそれぞれの思いが温かくも切なく…、こういう人たちを捨てるようにして旅立つ龍馬の姿に、行く先への希望の大きさとともに、離れがたい思いや、申し訳ないという思いをひしひしと感じさせられました。
龍馬ともに脱藩するのは沢村惣之丞。なかなか行動せず、行動に移ったと思えば藩の参政・吉田東洋に相手にもされていない武市の様子を見れば、土佐にいながら攘夷を叫んでも無駄だと思ってしまっても仕方ないのかなぁとも思いました。
武市と東洋の確執は、もはや龍馬がどうにかできるような状況ではないうえに、龍馬のことも、東洋はそんな悪い人間ではない、と龍馬が口にした時点で、武市はきっと、もう龍馬も自分や攘夷について力になる存在ではない、と思ったのかもしれませんね…。
それにしても…、龍馬や妻の冨には「東洋暗殺はやめた」と言いながら裏では計画を実行する辺り、もう、賢くて人の良い武市はもういないんだな…とちょっと寂しくなりました。
また、今回最後に暗殺されてこの世を去った東洋。演じる田中泯さんの、最後の最後まで失われない気迫を感じさせられて、やっぱり良いなぁとあらためて思いました。これから見られなくなるのが残念です…。
さて次回からは、第二部。新しい展開と、そこに登場する新しい人々。楽しみです♪

« 道山さんinプレミアム8「伝統芸能の若き獅子たち」 | トップページ | フィギュアスケート世界選手権 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/47872866

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『龍馬伝』第13回「さらば土佐よ」:

« 道山さんinプレミアム8「伝統芸能の若き獅子たち」 | トップページ | フィギュアスケート世界選手権 »