2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« まるめろ酒 | トップページ | 大河ドラマ『龍馬伝』第7回「遥かなるヌーヨーカ」 »

2010年3月 7日 (日)

大河ドラマ『龍馬伝』第10回「引き裂かれた愛」

Ryomaden 久しぶりに、大河ドラマのレビューです(汗)。


大河ドラマ『龍馬伝』
第10回「引き裂かれた愛」

龍馬は江戸での2度目の剣術修行を終え、目録を千葉定吉から授かります。龍馬にひそかに恋心を寄せていた佐那は龍馬に気持ちを打ち明けますが、龍馬は土佐に帰らなくてはいけないと、佐那の気持ちに応えることはありませんでした。
土佐に戻った龍馬は加尾に、剣術道場を開いたら夫婦になってほしいと求婚し、その言葉を待ち続けていた加尾は、喜びの涙を流すのでした。
ようやく成就するかに思えた龍馬と加尾の恋。しかし武市半平太や、加尾の兄・収二郎らが進めようとしている土佐藩での攘夷運動のため、引き裂かれようとしていたのです。



今回は、龍馬を慕いながらもそれが叶うことのなかった佐那の思い、長いことお互いを思いあってきた龍馬と加尾が、時代の流れと言うよりは、権力争いのなかに巻き込まれていく様子に、切なさややるせなさを感じました。とくに龍馬と加尾。ようやく思いが叶ったと見えた矢先の出来事なだけに…。
土佐藩の財政改革に乗り出した吉田東洋によって職を解かれた柴田備後と、開国派の東洋の存在が自らが進めようとしている攘夷運動の妨げになると考えた武市半平太。このふたりが考えたのは、朝廷内の攘夷派・三条実美の動向を探るための隠密を京に送り込む、という策。その役に、加尾の兄である平井収二郎は妹を推挙したのでした。
確かに、上士・下士という歴然とした身分制度がある土佐で生涯を過ごすよりは、隠密とはいえ、表向きは公家に嫁いだ藩主の妹君のお側付きという大役を得られるとすれば、違った人生が開けることでしょうが…、加尾が役目を降りると切腹しなければいけない兄を助けたい気持ちで龍馬との別れを決めるとなると、それが幸せとは言い切れない部分もあり、やるせない気もします。

一方、奉行所の門に落書きをした罪で牢に入っていた岩崎弥太郎は、吉田東洋に商才を買われ、長崎への派遣を命じられます。長崎へ発つ弥太郎と、土佐へ帰ってきて加尾に求婚した龍馬が神社の境内で顔を合わせる場面では、とっても小ざっぱりした弥太郎の姿が新鮮でした。まぁ、龍馬に対するコンプレックスや対抗心をむき出しなところは相変わらずでしたが…(苦笑)。でも、ここから弥太郎がその才覚を発揮していくところが見られるのだと思うと、それがとても楽しみです。

さて次回は、土佐藩内での攘夷派・開国派がうごめいて、なにやらきな臭い感じになっていくようですが…この先の展開が気がかりです。
それから。バンクーバーオリンピックの方にかかりきりだったために、第7~9回のレビューが抜けてしまいました…。見逃してしまった回もあるのですが、とりあえず少しずつでもそちらの穴も埋めていきたいと思います。



坂本龍馬…福山雅治
岩崎弥太郎・語り…香川照之
武市半平太…大森南朋
平井収二郎…宮迫博之
平井加尾…広末涼子
坂本権平…杉本哲太
坂本乙女…寺島しのぶ
岡田以蔵…佐藤健
山内豊信…近藤正臣
吉田東洋…田中泯
柴田備後…北見敏行
後藤象二郎…青木崇高
千葉定吉…里見浩太朗
千葉佐那…貫地谷しほり
千葉重太郎…渡辺いっけい

« まるめろ酒 | トップページ | 大河ドラマ『龍馬伝』第7回「遥かなるヌーヨーカ」 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/47753853

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『龍馬伝』第10回「引き裂かれた愛」:

« まるめろ酒 | トップページ | 大河ドラマ『龍馬伝』第7回「遥かなるヌーヨーカ」 »