2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« プラネットジュエリー図鑑②火星 | トップページ | 映画『噂のモーガン夫妻』 »

2010年3月21日 (日)

大河ドラマ『龍馬伝』第12回「暗殺指令」

Ryomaden 暗殺って、誰のことかと思ったら…


大河ドラマ『龍馬伝』
第12回「暗殺指令」

武市半平太らが結成した土佐勤王党に入った龍馬は、そこで出会った沢村惣之丞から、長州は久坂玄瑞らが今にも攘夷を決行しようとしていると聞き、久坂に会いに長州へ旅立ちます。久坂は龍馬に、日本は異国に不公平な条約を押しつけられたのであって、幕府や藩などにこだわっていては攘夷は実行できない、と熱く語るのでした。
龍馬が土佐を留守にしているころ、弥太郎は喜勢と結婚。弥太郎は吉田東洋によって、郷廻りという役人に取り立てられていました。一方、すぐにも攘夷実行のために決起をすべきだという勤王党を抑えきれなくなっていた半平太は、勤王党の面々とともに東洋に面会を求め、土佐藩は攘夷のために動くべきであると必死に訴えますが、東洋は山内家が恩ある徳川幕府に逆らうはずもないと、その訴えを退けたうえ、勤王党の面々の前で半平太を足蹴に。屈辱的な扱いを受けた武市は、駆けつけた龍馬に「東洋を斬ってくれ」と言うのでした。
同じ頃、東洋の甥・後藤象二郎は、東洋が龍馬の力を高く評価していることに嫉妬し、弥太郎に命じ龍馬を亡き者にしようと企み…。


あぁ…、日本のこれからを真剣に考えているとは言いながら、実際にやっていることといえば、藩内での内紛だったりするのは、なんだかなぁという気もします。
半平太たちの呼びかけに応じて土佐勤王党に入ったものの、他の面々のようには熱くなれない龍馬ですが、長州で久坂に会い、「志あるなら実行あるのみ」という言葉を噛みしめて、土佐に戻ります。攘夷が正しい方向なのかどうかは別として、日本を良い方向に変えたいと思うのに藩とか、身分の違いを云々しているのは小さいな…と、久坂の言葉には共感を覚える部分が結構ありました。
そうそう。半平太の訴えに対する東洋の言葉は、やっぱりそうだよなぁ…と思いましたね。
この大河ドラマが始まってから、土佐藩にあった上士と下士という身分制度のことや、それがどうやって出来たのかを知ったのですが、もともと関ヶ原の戦いで徳川方についたことがきっかけで山内氏が土佐を治めることになったわけで…攘夷を唱え、幕府の開国政策を否定することは、なかなか難しいことでしょうね…。まぁ、東洋と半平太の初めての対面のとき、東洋が半平太に「その程度か」と思った時点で、半平太が何を言っても無駄、というのもあって、半平太の側も、そういう東洋の態度や開国派というその立場に反発を覚えている部分があって、もうこの2人、全然歩み寄ろうっていう余地がないんですよね…。
東洋が、何かにつけて気にかけている龍馬。その存在を疎ましく思い始めたのが、東洋の甥で門下生の後藤象二郎。親代わりの東洋が、いずれ自分よりも龍馬を近くに置くようになるのでは…という危機感は分かりますが、だったら龍馬を殺してしまおう、というのはあまりに短絡的で感情的な気が。
…まぁ、次回は龍馬が土佐を出ていくようなので、龍馬に関しては暗殺云々はもうあまり関係ないのかなぁという気はしますが、東洋の方は…。私は個人的に田中泯さん演じる東洋が結構好きなので、もっと見ていたいのですがね…。
そんなわけで、次回で第1部が完結だそうです。龍馬が自分の進むべき道を見つけるまでの、いわばプロローグ的なところだったのでしょう。どんな風に土佐を飛びだすのか…楽しみに見たいと思います。

« プラネットジュエリー図鑑②火星 | トップページ | 映画『噂のモーガン夫妻』 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/47869385

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『龍馬伝』第12回「暗殺指令」:

« プラネットジュエリー図鑑②火星 | トップページ | 映画『噂のモーガン夫妻』 »