2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« うさぎのほっぺ | トップページ | ドラマ『臨場』♯2[封印・後編] »

2010年4月14日 (水)

ドラマ『チーム・バチスタ2~ジェネラル・ルージュの凱旋~』②

100407_000000011 第2話です。

今回は、ミスコン出場を目前にした女性が抱える病の正体に救命チームが迫るのと同時に、速水にかかる医療機器メーカーとの癒着疑惑を白鳥が追う…という展開。
過呼吸によって運ばれてきた女性の、体調不良の原因はどこにあるんだろう…というのが、かなり興味を引くその裏で繰り広げられる、白鳥と速水の丁々発止のやり取りもかなり見ものでした。
前回、白鳥と速水は実は医学部の同期…という関係が明らかになりましたが、実はこれ、原作にはない設定。なぜないのかと言うと、速水と同期なのは原作では田口だからなのですが、映画もドラマも、田口を年齢的にはかなり若く設定しているから、こういうことになるのですよね。
同期でありながら、現場を捨て官僚の道を選んだ白鳥と、現場でも最前線ともいうべき救命救急の道を選んだ速水。真逆のようでいて、じつは思う所は似通っているのでは…という気もしています。
そして、白鳥に問い詰められて業者との癒着を否定しない速水の、並々ならぬ決意。原作とはかなり違う部分が多いドラマで、それを楽しんではいますが、ここだけは変えない方向で描かれることを、原作ファンとしては願わずにはいられません。

« うさぎのほっぺ | トップページ | ドラマ『臨場』♯2[封印・後編] »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/48081819

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ『チーム・バチスタ2~ジェネラル・ルージュの凱旋~』②:

« うさぎのほっぺ | トップページ | ドラマ『臨場』♯2[封印・後編] »