2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 大河ドラマ『龍馬伝』第16回「勝麟太郎」 | トップページ | ドラマ『臨場』♯3[未来の花] »

2010年4月21日 (水)

ドラマ『チーム・バチスタ2~ジェネラル・ルージュの凱旋~』③

100407_000000011_2 第3話です。

今回は、速水をめぐる疑惑を白鳥が探ろうとする動きはあるものの、そちらはあまり進展せず、繁華街で腹を刺されて救命救急センターに運ばれてきた男性について、水を異常に欲しがり、しかも水を飲むと奇声を上げて失神してしまう…という症状に隠された真の病が何なのか…という、真相を探るエピソードが主になりました。しかも、いつもは傍若無人な白鳥に振り回された田口が、いつのまにか白鳥の目的遂行に利用されることが多いのですが、今回は田口が謎を追い、白鳥の協力を仰ぐ…というちょっと珍しい形。憎まれ口やひねくれた態度を取りながらも、実は田口とコンビを組むのがちょっと嬉しそうな白鳥の様子が面白いです。
…結局、この男性が長年働いていた職場では、天井からアスベスト(石綿)がむき出しになっていて、それが原因で初期の肺がんにかかっていることが判明します。
アスベストというのはニュースでよく取り上げられていて、発がん性があることも知っていたので、なるほどなぁと思ったりしながら見ましたが、この結論に至るまでの紆余曲折がかなり長かったです。水中毒が疑われ、その後、身体のどこかにある腫瘍が原因と予測しながらも、その腫瘍が見つからず…。そんな先行き不透明ななかでも、速水は何か分かっているらしい感じで、今度は何を言い出すのか…と目が離せません(まぁ、私が速水役の西島さんを好きだからっていうのもありますが・苦笑)。
さて、あまり出てこなかったような印象もありますが、少しずつ動きのある、速水へ向けられた、医療メーカーとの癒着疑惑。第1話で転落事故によって大怪我を負い運び込まれてきた目黒が、実はジャーナリストで、この件を追っているようなのですが…、ラストでその目黒の容体が急変。予告を見ていると、なんだか前シリーズのバチスタ事件を思い起こさせるような単語が飛び交っていて、どんな展開になるのか非常に気になります。

« 大河ドラマ『龍馬伝』第16回「勝麟太郎」 | トップページ | ドラマ『臨場』♯3[未来の花] »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/48140856

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ『チーム・バチスタ2~ジェネラル・ルージュの凱旋~』③:

« 大河ドラマ『龍馬伝』第16回「勝麟太郎」 | トップページ | ドラマ『臨場』♯3[未来の花] »