2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« くるみやまびこ | トップページ | プラネットジュエリー③水星 »

2010年5月16日 (日)

大河ドラマ『龍馬伝』第20回「収二郎、無念」

Ryomaden_2今回は、収二郎の最期。


大河ドラマ『龍馬伝』
第20回「収二郎、無念」

龍馬は大坂の専称寺で航海術の勉強に励んでいましたが、平井収二郎が投獄されたことを知った龍馬は京に滞在中の勝に会いに行きます。龍馬と入れ違いに、脱藩を許された龍馬に会うため、兄の権平が専称寺を訪れます。
龍馬は勝から海軍塾を続けていくための資金が足らないと聞き、越前福井藩の前藩主・松平春嶽のもとへ向かい、「生きる金」として千両を貸してほしいと頼みます。そして、そこに居合わせた横井小楠から西洋のデモクラシーについて話を聞くことになります。
土佐では弥太郎が商売を始めようと材木を仕入れたが売れずに困っていました。
そして武市半平太は後藤象二郎に収二郎の命乞いをし、山内容堂にも頼み込みますが、容堂は収二郎に切腹を命じます。武市は収二郎に会い、命を救えなかったことを詫びるのでした…。

全体的に辛く、やるせないエピソードが多かった回だったような気がします。
とくに、武市と収二郎。武市は収二郎の命乞いのために後藤象二郎や山内容堂に会いますが…、伯父の東洋が死んだことで冷遇された象二郎も、その東洋を頼みにしていた容堂が、その下手人と思われる土佐勤王党を助けるような願いを聞きいれるわけもないのは、言うまでもなく。攘夷こそが土佐のため、日本のためと思っていた武市は、日本中が攘夷を叫ぶ声が消えていくこの流れに取り残されてしまったのかなぁ…という風に感じました。もちろんそこには容堂の、下士を見下すのが当然という考え方や、東洋を失ったことへの恨みも混じっていたとは思いますが、ここに巻き込まれた形の収二郎やその妹・加尾は哀れでした…。とくに加尾。武市の推し進めた攘夷運動の中で、龍馬との夫婦になる約束を果たせず故郷を離れて京に行くことになり、また武市たちの都合で土佐に戻され…、果ては兄を失うことになって。本当にこの道しかなかったのかと、納得できない思いを抱えるのは当然という気がしました。訪ねてきた武市と話す加尾からは、静かながら憤り悲しんでいる様子がひしひしと伝わってきます。
そんななかでも、龍馬を連れ戻そうとして大坂へやってきた兄・権平が勝塾の訓練に混じって汗を流し、龍馬の進む道を応援する姿に、家族の温かさを感じました。また、権平が留守の間に坂本家を訪ねてきた弥太郎には、この人が浮上するのはいつになるのやら…と、そのふがいない様子や、対応する坂本家の女性たちの物言いには、思わず笑ってしまいました。

« くるみやまびこ | トップページ | プラネットジュエリー③水星 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/48364614

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『龍馬伝』第20回「収二郎、無念」:

« くるみやまびこ | トップページ | プラネットジュエリー③水星 »