2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 諏訪大社上社めぐり | トップページ | 映画『シャッターアイランド』 »

2010年5月23日 (日)

大河ドラマ『龍馬伝』第21回「故郷の友よ」

Ryomaden 大河ドラマ『龍馬伝』
第21回「故郷の友よ」

土佐で平井収二郎が切腹させられたと知り、武市半平太の身を案じる龍馬は、再び京にいる勝麟太郎を訪ねますが、勝は急いで日本の海軍を作らねばならないと龍馬に語ります。
そのころ朝廷では、過激な攘夷を叫ぶ長州を京から追い出そうと薩摩藩が秘密裏に公家たちに近づいていました。そして後に、八月十八日の政変と呼ばれる事件が起こり、三条実美ら攘夷派の七人の公家たちは追放されてしまいます。帝は異国との戦を望んではいなかったのです。同じころ京に潜伏していた岡田以蔵は、土佐藩だけでなく幕府からも追われる身となっていました。
京で過激な攘夷派が追放されたのを見た山内容堂は、ついに勤王党の弾圧を本格的に開始します。土佐勤王党の本部が置かれていた武市道場は潰され、武市に追手が差し向けられます。武市は冨に別れを告げ、役人たちに連れられて行きます。
近藤長次郎が土佐には戻らないと宣言する一方、土佐に戻って武市たちを救いたいと勝に懇願する龍馬を、勝は龍馬ひとりが土佐に戻っても武市を助けることはできないと言って引き止めるのですが…。

土佐で幼馴染として育った人たちのそれぞれが描かれた今回、切なさや辛さもありましたが、人が人を思う気持ちの温かさ、熱さ、力強さを感じさせられました。
とくに、収二郎の切腹を知って土佐に帰ろうとしたり、勤王党への弾圧が始まったのを知って京に潜伏する以蔵を助けたい一心で暇を願い出た龍馬を引き止めた勝の言葉は、やっぱり心に響くものがありました。
また、藩の役人たちに連れて行かれる直前、武市が冨と交わした、夏の間に桂浜へ行こうとか、秋には紅葉狩りに行こうとか、この家でふたりでずっと過ごそうという言葉は、それがきっと叶わないとお互いに分かっているのが切なく辛かったです。
そんななか、なかなか材木が売れずに腐っていた弥太郎が、ついに商売を軌道に乗せられそうな空気になってきました。家族全員で材木が全部売れたことを喜びあう姿は、辛いエピソードの多い今回のなかで、唯一と言ってもいい心温まる場面だった気がします。
さてラストでは、京の町中で子供の落とした財布を拾った龍馬と、そのすぐ裏通りで追手から逃げる以蔵の姿が。そこで追手として登場したのは新撰組の面々。一昨年の「篤姫」で薩摩藩士・大久保利通を演じていた原田泰造さんが、今度は新撰組局長・近藤勇を演じています。この先も登場したりするのかなぁと思うと、ちょっと楽しみです。

« 諏訪大社上社めぐり | トップページ | 映画『シャッターアイランド』 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/48379623

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『龍馬伝』第21回「故郷の友よ」:

» NHK大河ドラマ『龍馬伝』youtube無料動画・キャスト・あらすじ・再放送 [NHK大河ドラマ『龍馬伝』youtube無料動画・キャスト・あらすじ・再放送]
福山雅治主演の大人気NHK大河ドラマ『龍馬伝』の動画をyoutubeなどの動画サイトから集めました。あらすじも載せてます。再放送まで待てない、ストーリーのおさらいをしたい、見逃してしまった話があるならここでチェック!! [続きを読む]

« 諏訪大社上社めぐり | トップページ | 映画『シャッターアイランド』 »