2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 天-ten- | トップページ | 大河ドラマ『龍馬伝』第19回「攘夷決行」 »

2010年5月 9日 (日)

野村萬斎「狂言を楽しむ会」in北野文芸座

Kitanobungeiza2 連休明けの週末、萬斎さんを観に行ってきました。


野村萬斎「狂言を楽しむ会」
北野文芸座にて
2010年5月9日(日)16:00開演〈夜の部〉


 解説:野村萬斎

 狂言「昆布売(こぶうり)」
  昆布売り 野村万之介
  大名    深田博治

 狂言「咲嘩(さっか)」
  太郎冠者 野村萬斎
  主       高野和憲
  咲嘩    石田幸雄


最初は萬斎さんによる解説。
狂言のときとは違う渋いお声で淡々とお話されるなかでも、ユーモアを忘れないその語り口がいつも楽しみで、演目での衣装以外に袴姿の萬斎さんを拝見できるのも嬉しかったりします。
今回も、小道具についての裏話などを交えながら、楽しく狂言の解説をしてくださいました。そして、「昆布売」に出てくる昆布売りの売り声の一節をレクチャーする一場面も。萬斎さん的に納得するまで「もう一回!」が繰り返されて、なかなか厳しい先生でした(笑)。…そういえば去年もあったなぁと思って、このブログをさかのぼって探してみたら、去年は「千鳥」の「浜千鳥の友呼ぶ声は」でした。
さて、楽しいお話&レクチャーのあとは、いよいよ狂言。

まずは「昆布売」。供を付けずに出かけた大名が、たまたま通りかかった昆布(こぶ)売を脅したり宥めすかして太刀持ちをさせますが、その偉そうな態度に堪忍袋の緒が切れた昆布売は太刀を抜き、大名に「太刀を返してほしかったら昆布を売れ」と言いだして、大名は昆布売の言うがままに、様々な節回しで昆布売の売り声をやらされる…というお話。
昆布売を演じるのは万之介さん。深田さん演じる大名を振り回し、大名に踊り節で売り声をさせながら自分も興が乗って踊りだす様子が面白く、また大名が太刀を向けられた途端に何もできなくなってしまう情けない様子が滑稽でした。

そして休憩をはさんで「咲嘩」。“咲嘩(さっか)”とは盗人、つまり泥棒の異名だそうです。田舎に住む主は、都に住む伯父が連歌に詳しいということで、近々催す連歌の会のために教えを請おうと考えます。太郎冠者に伯父を連れて帰るように言いつけますが、この太郎冠者、伯父が都のどこに住んでいて、どんな風体なのか知らずに都までやってきてしまいます。そこで、物売りたちの売り声を聞き、自分も…というわけで町中で「どなたか田舎に甥を持った人はいませんか」と声を上げ、そこへ伯父を名乗る人が現れたので連れて帰りますが、それが実は「見乞いの咲嘩」と呼ばれる有名な詐欺師だった…というお話。
都の往来で萬斎さん演じる太郎冠者が、自分の主人の伯父を声をあげて探すという、ちょっとあり得ない展開にまず笑い、石田さん演じる咲嘩を主人のもとへ連れ帰ったものの、人違いと分かったあとの展開、そして太郎冠者と、高野さん演じる主の掛けあい(というか、太郎冠者の物真似)が可笑しくて仕方ありませんでした。

さて今年も長野で萬斎さんのお話と狂言を楽しむことが出来て良かったです♪
来年は長野・北野文芸座での狂言を楽しむ会が10周年ということで、萬斎さんのなかにはもうすでにお考えがある様子でした。来年も観に行かなくては…!

« 天-ten- | トップページ | 大河ドラマ『龍馬伝』第19回「攘夷決行」 »

能・狂言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野村萬斎「狂言を楽しむ会」in北野文芸座:

« 天-ten- | トップページ | 大河ドラマ『龍馬伝』第19回「攘夷決行」 »