2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 極北クレイマー | トップページ | 天-ten- »

2010年5月 7日 (金)

植物図鑑

Shokubutsuzukan だいぶ前から気になっていた本をようやく読みました。


有川浩・著
『植物図鑑』

ある日、道ばたに落ちていた彼。「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか?咬みません。躾のできたよい子です」「—あらやだ。けっこういい男」楽しくて美味しい道草が、やがて二人の恋になる—。

主人公は25歳のOL、さやか。ある冬の日、澄んでいるマンションの前で行き倒れていたイツキと出会い、同居することになります。ふたりは春になると近くの河川敷で身近な植物を愛で、味わうようになるのですが…、ふたりのほのぼのとした雰囲気の中にも、地べたに生える植物のことはたくさん教えてくれるのに、自分のこととなると多くを語りたがらないイツキに対するさやかの心の動きが切なかったです。
そして、ずっと続くかのように思われるふたりの日々に訪れた、大きな変化。なんだか、切ないを通り越して辛くなりましたが、その後に待ちうける結末には、ちょっと泣けてきました…。
“植物図鑑”というタイトル通り、図鑑のように、お話の中に出てくる植物のカラー写真を見ることが出来て、名前だけ聞いても分からない植物のことも想像しやすかったです。

« 極北クレイマー | トップページ | 天-ten- »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/48302274

この記事へのトラックバック一覧です: 植物図鑑:

« 極北クレイマー | トップページ | 天-ten- »