2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 諏訪大社下社めぐり | トップページ | 映画『アリス・イン・ワンダーランド』 »

2010年6月13日 (日)

大河ドラマ『龍馬伝』第24回「愛の蛍」

Ryomaden_2 大河ドラマ『龍馬伝』
第24回「愛の蛍」

京の池田屋に向かった龍馬は、亀弥太の死を目の当たりにします。
怒りに震える龍馬は、池田屋を襲撃し引き上げていく新撰組に挑もうとしますが、居合わせた桂小五郎に止められます。桂は池田屋で殺された者たちの無念をいつか晴らすと誓うのでした。一方、勝麟太郎は幕府の老中に呼び出され、池田屋での策謀に神戸海軍操練所の浪士がいたことについて詰問されます。
その頃土佐では以蔵が、東洋殺しの犯人を吐かせようとする後藤象二郎による厳しい拷問を受けていて、武市は以蔵の苦しむ声を間近に聞きながら、じっと耐え忍ぶしかありませんでした。
…お龍の家に身を隠していた龍馬は、亀弥太の死を防げなかった自分自身にいらだっていましたが、お龍は、亀弥太が志を貫いて死んだのだからほめるべきだと龍馬に言い、その言葉を聞いて自分の志を取り戻した龍馬は、神戸に戻ることに。その途中、伏見の船宿・寺田屋で亡き母にそっくりの女性を目撃し…。


印象的だったのは、土佐で牢に捕らわれている武市が、以蔵が拷問を受ける様子に苦しむ姿や、武市の帰りを気丈に待つ冨の姿、牢番の和助を介してふたりが言伝を交わす様子でした。とくに、冨が武市に届けた蛍が牢の中を飛ぶ様子には、思わず涙を誘われました。
それから、冨と町で顔を合わせた弥太郎が、自分の子供のことを嬉しそうに話しながらも、武市と冨に子供がいないことを思い出し慌てて謝ったりする姿はちょっと可笑しくもありましたが、商売が上手く行かない時期を過ごしたことで、弥太郎が人間的に大きくなったんだろうなという部分も感じさせられました。
さて…京では、亀弥太を助けられなかった龍馬が自分を責める姿がありました。そして、そんな龍馬を様々な表情で見守るお龍の姿を、ドキドキしながら見ました。とくに、池田屋での事件を知ったときと、その直後、桂小五郎に連れられてきた龍馬を見たときの表情の変化。医者だった父を安政の大獄で亡くし、病気がちの母と妹や弟たちを養うお龍は、攘夷派の侍を良く思っていないことは相変わらずですが、少しずつ気持ちの変化が見られてきたようで、この先の展開も楽しみです。
そしてさらに…亡くなった母にそっくりの女性と出会ってしまう龍馬。こちらも気になります。

« 諏訪大社下社めぐり | トップページ | 映画『アリス・イン・ワンダーランド』 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/48609834

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『龍馬伝』第24回「愛の蛍」:

« 諏訪大社下社めぐり | トップページ | 映画『アリス・イン・ワンダーランド』 »