2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 期日前投票 | トップページ | 映画『必死剣鳥刺し』 »

2010年7月11日 (日)

大河ドラマ『龍馬伝』第28回「武市の夢」

Ryomaden今回はいよいよ、武市の最期。

大河ドラマ『龍馬伝』
第28回「武市の夢」

武市半平太を助けるために吉田東洋を殺したのは自分だと嘘をつき逃げ去った龍馬を、後藤象二郎は全力でとらえようとします。一方、龍馬が土佐に現れ、自分が東洋殺しの下手人だと認めたことを聞いた容堂は武市の牢を訪れ、尊王攘夷と土佐藩との板挟みになりながらも土佐藩に忠義を尽くそうとした武市と、徳川家のやり方に納得せずとも徳川家に忠義を尽くさなくてはならない容堂自身が似ていると武市に話します。容堂の予期せぬ優しい言葉に、武市は感激するのでした。
その夜、岩崎弥太郎とともに武市の牢に忍び込んだ龍馬は、自分が罪をかぶり武市を助けようとしたことを話しますが、武市は自ら罪を認め切腹する決意を語り、龍馬には日本を変え、異国から日本を守ってほしいと話し、以蔵は斬首、武市は切腹と刑が決まります。
大坂に戻った龍馬は近藤長次郎や沢村惣之丞たちに、自分たちが海軍操練所で身に付けた航海術を使って、日本を変えていくという決意を語り…。

今回は、今年の大河ドラマで初回から重要な役割を果たしてきた武市が切腹。
象二郎から東洋殺しの下手人が龍馬だと聞いて牢を訪れた容堂との場面は、容堂の態度や言葉に恐縮し感激している様子がひしひしと感じられました。容堂が抱える、徳川幕府のやり方は間違っているけれど恩義があるから逆らうことはできない、という時代を読むことに長けている人だからこそ抱える葛藤と、武市の忠臣ぶりにもしもこれが山内の家臣であったなら…、という思い。容堂は底知れない恐ろしさがある人ですが、今までで一番人間らしいというか…心の痛みのようなものを感じられました。
そして、弥太郎とともに牢へ忍び込んできた龍馬との場面。京での場面が二人の最後なのかと思っていましたが…、最後にこの二人が顔を合わせることが出来て良かったなぁと素直に思いました。途中で、東洋殺しを実行したり、言葉巧みに以蔵を人斬りの道に踏み込ませたり…、色々とあって個人的にはあまり好きではない時もありましたが、日本をよくしたいという思い、容堂に対する忠誠心、そして龍馬に、異国からの侵略を防ぎ、新しい日本を作って欲しいと願う強い気持ち、それから妻の冨を思うやさしい心…、武市の魅力をたくさん感じられた回になりました。

…さて次回からは、第三部が始まります。弥太郎の語りによれば、ここから「あの龍馬」になっていくのだ、と。
色々と新しい人物も登場してくるようなので、たくさん楽しみがありそうです。

« 期日前投票 | トップページ | 映画『必死剣鳥刺し』 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

細かいことはさておき、おそらく作品全体での大きな転機になった回かと思います。

>あんずさん

さておき、ですか(苦笑)。
色々と創作の多そうな回でしたが、第三部に向けて
意味のある回でもありましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/48848478

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『龍馬伝』第28回「武市の夢」:

« 期日前投票 | トップページ | 映画『必死剣鳥刺し』 »