2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 『ファウストの悲劇』inシアターコクーン | トップページ | 道山さんin題名のない音楽会 »

2010年7月18日 (日)

大河ドラマ『龍馬伝』第29回「新天地、長崎」

Ryomaden 今回から第三部スタートです。

大河ドラマ『龍馬伝』
第29回「新天地、長崎」

神戸の海軍操練所が閉鎖され、薩摩藩の西郷吉之助と小松帯刀に身を預け、大坂から薩摩へ航行中、長崎に立ち寄る龍馬たち脱藩浪士。小松や西郷は、蒸気船を操る技術を持つ龍馬たちに薩摩の船の操船をさせようと考えていましたが、龍馬は近藤長次郎や沢村惣之丞らとともに、藩の世話にならずに生きていく道を探そうとし、蒸気船を手に入れるためにイギリス商人であるグラバーを訪ねます。惣之丞や陸奥陽之助は得意の英語を使って交渉しますが、グラバーは龍馬たちを信用せず、船を借りることはできないのでした。
そこで龍馬たちは長崎の花町街・丸山の料亭・引田屋に乗り込みます。そこでは外国から最新の銃を買うためにひそかに長崎に潜り込んでいた長州藩の高杉晋作や井上聞多、伊藤俊輔らが酒を飲んでいました。その部屋で芸子のお元が踊りを披露していると龍馬たちが入り込んできて、さらにそこへ別の部屋で飲んでいた薩摩藩士たちが長州藩士がいると聞いて飛びこんできます。龍馬たちの前で長州藩と薩摩藩士が刀を抜いて一色即発の事態となるのですが…。

今回から第三部ということで、まずは、弥太郎が新聞記者の坂崎を相手に昔語りをする明治15年の場面から。ここに貫地谷しほりさん演じる佐那が登場。もう見ることはないのかなぁと思っていたのでちょっとびっくりしました。
そして、舞台は長崎へ。銅鑼や爆竹の音、異国人が多く行き交う往来…、と今までとは趣の違う場面がたくさん描かれて、見ているだけでもちょっとワクワクしました。
それから、伊勢谷友介さん演じる高杉晋作や、蒼井優ちゃん演じるお元など新しい登場人物が沢山登場して、これからが楽しみです。
「日本人同士が喧嘩している場合か」と、勝の紹介で西郷に会ったときにも龍馬が言った言葉が、薩摩と長州が引田屋で一色即発になった場面でも再び出てきました。前には、一介の脱藩浪士が…と相手にもしない様子の西郷でしたが、今回はなかなか迫力がありました。長州はもちろん幕府も信用できないと言う西郷のいる薩摩と、幕府にはもう従わない、独立するという長州が、龍馬の手によって結びつく日が近づいてきた…と思うと、そこにたどり着くまでの過程を早く見たくなります。

« 『ファウストの悲劇』inシアターコクーン | トップページ | 道山さんin題名のない音楽会 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/48912663

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『龍馬伝』第29回「新天地、長崎」:

« 『ファウストの悲劇』inシアターコクーン | トップページ | 道山さんin題名のない音楽会 »