2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画『トイ・ストーリー3』 | トップページ | 歓迎会 »

2010年7月25日 (日)

大河ドラマ『龍馬伝』第30回「龍馬の秘策」

Ryomaden

大河ドラマ『龍馬伝』
第30回「龍馬の秘策」

長崎で、船を借りることもできずに途方に暮れていた龍馬たちを、土佐勤王党だった池内蔵太が訪ねてきます。高杉晋作とともに長崎に潜伏している池に連れられて高杉に会いに行った龍馬に高杉は、長州藩が幕府に従わず戦いぬく覚悟だと語るのでした。
龍馬が小曾根邸に戻ると、長次郎がカステラづくりをして金を稼ごうと提案。龍馬はカステラを長崎で売ってよいかと長崎の豪商・大浦慶に相談すると、龍馬たちに興味を覚えた大浦慶は、カステラ作りに必要な金を貸します。
龍馬たちは偶然引田屋の芸子のお元と町で出会います。お元は長崎奉行・朝比奈昌広に情報を伝える隠密として働いているのですが、実はキリシタンだったのです。
龍馬は西郷吉之助に長州と手を結んではと提案しますが、朝敵である長州と結び付けば、薩摩も朝敵となるおそれもあるなか、西郷が出す答えとは…。

いよいよ薩長同盟に向かう動きが出てきたかなぁという感じ。
長州の高杉と、薩摩の西郷。それぞれと話す龍馬の様子に、これからの展開が早く見たくてドキドキしました。とくに西郷を説得する龍馬の言葉にはもの凄く力があって、引き付けられるものがありました。
それから。土佐で材木の商売が軌道に乗った弥太郎。新しい家に引っ越しても相変わらずな父・弥次郎との親子漫才のような掛け合い(ノリツッコミあり)が可笑しかったです。やっぱりこの一家のシーンは心がなごみます。
さて、今回の間には西郷の答えは聞かれませんでしたが、予告を見ると答えはイエスだったようなのですが…、でもなんだかハラハラする展開が待っているようですね。

« 映画『トイ・ストーリー3』 | トップページ | 歓迎会 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

弥太郎さんが出てくる場面では、「落とし所」が楽しみですね。

第3部の冒頭、お灸の熱に耐えられず「あつー!」に始まり、新居を構えて「親子水入らず」と行きたいところ、家族全員がやってきて、「どうして付いてくるがぜー!」「わしの新居で屁をこくな!」などなど、適度な笑いを織り交ぜていますね。

>あんずさん

ここ最近、龍馬や武市の出てくるパートがシリアスだっただけに、弥太郎を中心とした岩崎家のシーンが、ほっと心の和む所ですね。
適度に笑いつつ、弥太郎を演じている香川さんの魅力をあらためて感じさせられます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/48960389

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『龍馬伝』第30回「龍馬の秘策」:

« 映画『トイ・ストーリー3』 | トップページ | 歓迎会 »