2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 大河ドラマ『龍馬伝』第31回「西郷はまだか」 | トップページ | 一期一会カード »

2010年8月 8日 (日)

大河ドラマ『龍馬伝』第32回「狙われた龍馬」

Ryomaden 今度こそほんとうに薩長同盟へ。

大河ドラマ『龍馬伝』
第32回「狙われた龍馬」

下関に来なかった西郷を追って京の薩摩藩邸にやってきた龍馬と中岡慎太郎は面会を断られ、伏見の寺田屋へ向かった龍馬は、新撰組の近藤勇がお龍に酒の相手をさせているのを知り、危険を冒して近藤を泥酔させてお龍を助けます。近藤は龍馬にとって、以蔵を追い、亀谷多を殺した憎き相手だったが刀を抜くことを思いとどまります。寝入っていた近藤が目を覚まし、龍馬の正体に気づいて刀を抜くものの、千葉道場の当主である千葉重太郎が加勢し、お龍が必死に止めるのを見てその場を去ります。佐那の思いのために龍馬を追って寺田屋を訪ねてきた重太郎ですが、お登勢とお龍の会話から、龍馬が日本を変えるという大きな仕事にまい進していることを知り、お龍の龍馬への気持ちにも気づき、黙って江戸へ帰っていくのでした。
西郷と会い、西郷が幕府の隠密の存在で下関を通り過ぎたことを知った龍馬は、また険悪な関係に陥った薩長を結び付けるために思いついたのは、幕府の目が光っていて武器を購入できない長州のために、薩摩藩の名義で武器を購入するという奇策で…。


今回は下関を素通りした西郷を再び長州と手を組ませようと奔走する龍馬…、というお話がメインと思いきや、龍馬とお龍など、寺田屋での場面が多かったです。
そうそう、今回は久々に重太郎さん登場でした。龍馬が入っているお風呂を覗き、龍馬に見咎められると風呂場に乱入した辺りとか、お登勢やお龍が見ているのにも構わず、龍馬に江戸へ戻ってくれと頭を下げたり…、なんだか笑ってしまう部分も結構ありましたが、近藤に寝込みを襲われた龍馬とともに刀を抜いたところは、さすがに決まってました。
今回、お龍が久々に龍馬に会えて嬉しそうな表情を浮かべるのには、あぁ可愛いなぁと思い、龍馬と話す様子からも、二人の距離がものすごく縮まったように感じました。
さてそして。ようやく西郷と会うことが出来た龍馬。いよいよ、ほんとうに薩摩と長州が手を結ぶ時が。もちろんそこでは、亀山社中も大きな仕事を担うわけで。次回がますます楽しみです。
あ、そうそう。今回の弥太郎、土佐の山中で猿と喧嘩してました。面白すぎです(笑)。

« 大河ドラマ『龍馬伝』第31回「西郷はまだか」 | トップページ | 一期一会カード »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

弥太郎さんのその後を考えると、今のギャグメーカーのような演出からの「大化け」があるのでしょうか。

猿にバカにされているようで、おもしろかったですね(笑)

>あんずさん

弥太郎とお猿さんのシーンは、本気で喧嘩しているみたいで可笑しかったですね。
これからの変化があるのかどうか…、楽しみなところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/49082503

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『龍馬伝』第32回「狙われた龍馬」:

« 大河ドラマ『龍馬伝』第31回「西郷はまだか」 | トップページ | 一期一会カード »