2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 松本城in美の巨人たち | トップページ | 猛暑の連休 »

2010年8月15日 (日)

大河ドラマ『龍馬伝』第33回「亀山社中の大仕事」

Ryomaden
大河ドラマ『龍馬伝』
第33回「亀山社中の大仕事」

長州の船と武器を薩摩の名義で購入するという龍馬の策に、桂小五郎と高杉晋作は乗ることに。長崎に戻った龍馬は、亀山社中の初仕事として意気込み、グラバーに長州のための取引だと隠して薩摩の船購入の話を持ちかけますが、幕府の目を警戒した西郷吉之助が龍馬たちだけでこの取引を行わせたため、交渉の場に薩摩の者がいないことに疑念を抱いたグラバーに断られてしまいます。
龍馬は正々堂々と頼もうとグラバー邸に乗り込み、この話が長州の払いであることを告げ、儲け話をかぎつけたお慶の口添えもあってグラバーは承諾。龍馬はグラバーとの商談を長次郎と惣之丞に任せることにします。長次郎は、グラバーやイギリスに留学していた長州の伊藤俊輔や井上聞多の話を聞くうちに、自分もいつかイギリスに行きたいと思うようになるのでした。
長次郎の活躍で商談はまとまりましたが、グラバー邸に居合わせたお元に知られてしまいます。しかし、キリストの像に十字を切る姿を龍馬に見られてしまったお元は、自分がキリシタンであることを黙っておいてもらう代わりに、この商談を長崎奉行に伝えないという取引を龍馬に持ちかけ…。


長州と薩摩が手を結ぶことをグラバーに語る龍馬に引き込まれ、龍馬に商談を任された長次郎たちの頼もしさにわくわくして、そして、お元と龍馬が向き合う場面ではハラハラしつつ、いつも以上に凄味を感じさせられた龍馬の姿にドキドキさせられました。
とくに、金儲けがいちばん大事な商人だとしても、世の中の仕組みがガラリと変わるかもしれないその瞬間に自分が関われるかもしれないとなったら、これは興奮しますよね…!
なんだか今回は、これから起こることそのものよりも、その準備の方が盛り上がるというような、そんな雰囲気があって、それだけに、これから起こることを早く見届けたい思いです。

« 松本城in美の巨人たち | トップページ | 猛暑の連休 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/49149445

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『龍馬伝』第33回「亀山社中の大仕事」:

« 松本城in美の巨人たち | トップページ | 猛暑の連休 »