2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 大河ドラマ『龍馬伝』第34回「侍、長次郎」 | トップページ | 5周年を迎えました »

2010年8月24日 (火)

ボトルネック

Botllenec 最近、久々に読書熱が(笑)。


米澤穂信・著
『ボトルネック』

亡き恋人を追悼するために訪れた東尋坊で、何かに誘われるように断崖から墜落した“ぼく”。しかし気がつくとそこは見慣れた金沢の街。そして、自宅に戻ったぼくを迎えたのは見知らぬ「姉」で…。


周りの人と上手く折り合ってやっていくのが苦手な主人公・リョウと、主人公の姉(?)・サキ。
このふたりが、リョウが元の世界に戻るためのヒントを求めて行動する様子は、だんだんと姉弟に見えてきて、なんだか不思議な感じ。
それにしても…登場する人たちはほとんど一緒なのに、自分の存在は“無い”世界。まったく見も知らない世界よりも恐ろしい、と感じました。

« 大河ドラマ『龍馬伝』第34回「侍、長次郎」 | トップページ | 5周年を迎えました »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/49263510

この記事へのトラックバック一覧です: ボトルネック:

« 大河ドラマ『龍馬伝』第34回「侍、長次郎」 | トップページ | 5周年を迎えました »