2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 善光寺散策 | トップページ | 七味唐からしプチ缶ストラップ »

2010年9月 6日 (月)

東山魁夷館開館20周年記念展-Ⅰ白い馬の見える風景

Higashiyamakaiigalary
善光寺にお参りし、近くだからついでに…ということで東山魁夷館へ。

東山魁夷館開館20周年記念展
Ⅰ白い馬の見える風景
長野県信濃美術館 東山魁夷館にて
7月15日(木)~9月28日(火)

善光寺の案内所に置いてあったチラシを見てこの記念展を知りました。
東山魁夷さんが亡くなったとき、テレビや新聞で結構大きく取り上げられていましたが、その頃こういう分野にあまり興味がなくあまりピンときませんでした。しかし一昨年の夏、諏訪の北澤美術館で「晩鐘」や「緑響く」などいくつか作品を観たときに、こんなに美しいものを目に出来て幸せだなぁと思い、ずっと心の中に残っていました。今回はたまたま時間があったので、たくさんの作品を目にすることができて良かったです。
記念展の第1弾は、代表作である連作「白い馬の見える風景」がメインで、そのほかに、中国やヨーロッパなどを旅して描かれた作品が多く展示されていました。連作の生まれるきっかけになった「白馬の森」で描かれる白い馬の幻想的な美しさや、「緑響く」や「水辺の朝」の青や緑の鮮やかさと透明感は、ほんの少しですが外の暑さを忘れさせてくれました。
次回は10月1日からでテーマは「信州賛歌」。東山魁夷さんの目を通して描かれた信州の美しい風景を沢山見られそうなので楽しみです。

« 善光寺散策 | トップページ | 七味唐からしプチ缶ストラップ »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/49359237

この記事へのトラックバック一覧です: 東山魁夷館開館20周年記念展-Ⅰ白い馬の見える風景:

« 善光寺散策 | トップページ | 七味唐からしプチ缶ストラップ »