2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 秋の食材テンプレート | トップページ | オーケストラマグネットクリップ »

2010年9月13日 (月)

大河ドラマ『龍馬伝』第37回「龍馬の妻」

Ryomaden 今回はついに龍馬とお龍が結婚。


大河ドラマ『龍馬伝』
第37回「龍馬の妻」

寺田屋の襲撃で死の淵をさまよいながらも、薩摩藩邸でお龍の看病を受けて何とか動けるようになった龍馬は、不自由な体で木戸が送ってきた密約の文書に裏書きし、西郷の薦めで安全な薩摩で療養することに。龍馬の、妻として一緒に行こうという言葉に、お龍はうなずくのでした。
薩摩への道中、二人は長崎に立ち寄ります。龍馬はお龍を亀山社中の面々に紹介したものの、すぐ今後の相談を社中と始め、次は一人でグラバー邸に出かけてしまいます。
グラバー邸にはひそかに海外へ行こうとする高杉がいて、これから二人で一緒に面白いことをやろうと誓いますが、実はこの時高杉の体は病魔に蝕まれていました。
引田屋で龍馬の結婚に祝いが開かれ、お元は龍馬が結婚したことに驚き、また、そんな自分に戸惑います。そんなお元の思いに気づいたお龍が、本当にこれでよかったのかと不安を打ち明けると龍馬は、今、心の支えはお龍だと、生母・幸からもらって肌身離さず付けていた「希(のぞみ)」の文字の入った首飾りをお龍に渡すのでした。


今回はとにかく、重傷を負った龍馬の看病をする、その必死な様子や、龍馬に西郷が「薩摩で傷を癒すように」と勧めるのを、複雑な表情で聞いている様子など、お龍の姿に思わず見入ってしまいました。しかしなにより、薩摩へ一緒に行こう、夫婦になろうと龍馬に言われた場面での驚き喜びには、見ているだけでなんだか嬉しくなりました。
そして、薩摩へ向かう途中で長崎へ立ち寄ったところでは、久々に元気な亀山社中の面々が登場。ここの場面は、いちいちリアクションの大きい社中の面々の様子が面白かったです。
さて…長崎では、グラバー邸に潜んでいた高杉との再会がありました。龍馬に「世界をこの目で見てくる」といきいきと語る高杉ですが、病魔に冒されていてそれも叶いそうになく…、その無念さを思うとやるせなく切ないものがありました。
そして次回は第三部完結だそうで、いよいよ今年の大河ドラマも佳境に入ってきたのかなぁという感じでしょうか…。そうそう。龍馬から薩長同盟について聞き、土佐に帰った弥太郎と、その報告を聞いた容堂や象二郎がどう動いてくるのか…も気になるところです。

« 秋の食材テンプレート | トップページ | オーケストラマグネットクリップ »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

心温まる場面が続きましたね。

弥太郎さんも、今回はビシッと決まった感じだし。

>あんずさん

今回は龍馬とお龍の結婚を中心に、良いシーンが多かったです。とくに、今までで一番お龍さんが可愛く見えましたね♪
弥太郎、最近はお猿さんと喧嘩したり、拷問でべらべら喋っちゃったりして良いとこなしかと思いきや、いよいよですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/49402884

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『龍馬伝』第37回「龍馬の妻」:

« 秋の食材テンプレート | トップページ | オーケストラマグネットクリップ »