2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 腹ごしらえ | トップページ | 夜を守る »

2010年9月19日 (日)

大河ドラマ『龍馬伝』第38回「霧島の誓い」

Ryomaden 今回、いよいよ第三部完結です。

大河ドラマ『龍馬伝』
第38回「霧島の誓い」

温泉での療養のため龍馬とお龍は薩摩へ。そこで龍馬は霧島山に伝わる神話、ニニギノミコトが国を治めるためにこの山に降臨して天逆鉾を頂上に突き刺したという話を聞き、登ることに。頂上で龍馬は逆鉾を引き抜き、一度失いかけた命を使って生まれ変わった気持ちで日本を変えていく先頭に立つと誓います。
長崎では内蔵太がお元に求婚。しかし内蔵太の乗った亀山社中の船・ワイルウェフ号は難破してしまい内蔵太は命を落としてしまうのでした。そして土佐では、弥太郎が象二郎に土佐藩が異国相手に商売をするのを手伝うように命じられ、ジョン万次郎とともに長崎に向かうことになります。
一方、幕府による第二次長幕戦争がはじまり、薩摩が直接出兵せず、高杉もイギリスに行かずに戦列に加わったことを聞いた龍馬は、内蔵太の死にもショックを受け、悩んだ末、社中のメンバーとともに参戦を決意し…。


今回は、日本で初めての新婚旅行とも言われる龍馬とお龍の薩摩への旅・後編、という辺りから。霧島の山は女人禁制の山だから一緒には登れないと知りながら、ならばと男装して龍馬を追いかけてきたお龍。日本を変えるという大きな目標を胸に抱き、なかなかとらえどころのない部分が多い龍馬と、せめて同じ場所に行って同じものを見たい、というお龍の真っ直ぐに龍馬を思う気持ちが伝わってきました。
切なかったのは、お元でしょうか…。龍馬の結婚を知って気落ちしていた所を救ってくれたのは、自分と夫婦になって欲しいと言ってくれた内蔵太。しかしその彼も船の事故で帰らぬ人になってしまって…、なかなか幸せになれないのがとてもやりきれなく感じられました。
さて注目は弥太郎です。藩の商売を任せられることになって、再び長崎へ。ようやく、弥太郎が歴史の表舞台に登場してくることになるので、これからが楽しみなところです。
そして今回で、龍馬が海軍操練所のメンバーとともに亀山社中を立ち上げ、薩長が手を結ぶまでを描いた第三部が完結。次回からの最終章では、新しい日本を創るために幕府との本格的な戦いが始まります。長州での戦いに参加することを決めた龍馬と社中のメンバーたちの様子も気になりますが、イギリス行きを取りやめ、病を圧して指揮を執る高杉の様子も気にかかるところです。

« 腹ごしらえ | トップページ | 夜を守る »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

弥太郎さんもシリアスな流れに乗り始め、弥次郎さんとの漫才シーンは「昔の事」のようになりつつありますね(笑)

お元さん、切なすぎる・・・

春からストレスの多い日々が続く中、霧島登山シーンを見て「山もええなあ・・」と思うのでした。

>あんずさん

お元は気の毒でしたね…。
なかなか幸せになれない様子がもどかしいです。
一方弥太郎のこれからは、ようやく表舞台に登場というところで楽しみな反面、岩崎家名物(?)のコミカルな場面がこれからはあまり登場しないだろうと思うとちょっと寂しかったり(苦笑)。
ところで…アウトドア全般が苦手で体力もない私は、霧島山登山を「大変そう…」と思いながら見ていたのでした…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/49430987

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『龍馬伝』第38回「霧島の誓い」:

» 龍馬伝 第38回「霧島の誓い」 [あしたまにあーな]
今回は、歴史上名高い日本初めての「新婚旅行」の場面。薩摩の人々に助けられながら温泉で療養する龍馬は、途中でお龍に告白していましたが当然はやく時代の最先端に戻りたいという思いが強かったことでしょう。せっかく薩長を結びつけてこれから新しい世の中の構築に向けて進み出そうとしていた矢先の療養だけに本来であれば温泉や観光最高と思ってしまいそうなところですが、非常に複雑だったことでしょう。 それでも、女人禁制のはずの霧島山にお龍と一緒に登頂し、そればかりではなくニニギノミコトが国を治めるためにこの山に降臨して刺... [続きを読む]

« 腹ごしらえ | トップページ | 夜を守る »