2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 上妻宏光「生一丁!」TOUR2010in北野文芸座 | トップページ | 東山魁夷館開館20周年記念展-Ⅰ白い馬の見える風景 »

2010年9月 5日 (日)

善光寺散策

Zenkoji0905
昨日、上妻宏光さんのライブを長野で観ました。というわけで今日は帰る前に善光寺へお参りに。
あまり日が高くならないうちに…ということで、朝の9時くらいに参道をぶらぶらしながら本堂へ向かいましたが、すでに暑かったです。
そんななか本堂で昨年行われた御開帳以来ひさびさに内陣参拝。もちろん御本尊そのものにはお目にかかれませんでしたが、次回の御開帳にもぜひ出かけたいです。そして続いてお戒壇めぐり。何度行ってもあの圧迫感をひしひしと感じさせられる暗闇には慣れることが出来ませんが、右手に触れる壁を頼りに回廊を進み、無事に極楽の錠前を触ることができました。
それから本堂を離れ、日本忠霊殿にお参りし、併設されている善光寺資料館で仏像や古い絵馬などを見学。善光寺の本堂へはよく行きますが、こちらの建物は数年ぶりでした。ここで、般若心経から選んだ一文字を所定の用紙に願い事と一緒に書き奉納する「一筆写経」をしてきました。
本堂前に戻ってきたところで、ちょうど、善光寺の御住職がお勤めに上がる途中のところに行きあたり、お数珠を頭に頂くことができました。御開帳のときにも、夕方のお勤めに上がるところに偶然遭遇したのですが、今回も同じような感じになってびっくりでした。
Enkojisanmon Hatoji_3
そして最後に三門に登ってきましたが、並んでいる最中にタスキを渡され、同じ色のタスキをかけた人たちと一緒にグループになって三門に登り、ガイドさんに三門のことや善光寺について解説をして頂く…というシステムでした。御開帳のときにも登ったのですが、その時はただ登って勝手に見て気がすんだら降りてくる…みたいな感じだったので、今回の方が充実していました。混んでいる時間だと、1グループの人数が最大で20人くらいになるそうですが、私が登った時にはまだ比較的早い時間だったので、どのグループも数人ずつで、落ち着いて見ることが出来て良かったです。

この後、善光寺から目と鼻の先にある信濃美術館の東山魁夷館へ行きましたが、それはまた後ほど。

« 上妻宏光「生一丁!」TOUR2010in北野文芸座 | トップページ | 東山魁夷館開館20周年記念展-Ⅰ白い馬の見える風景 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 善光寺散策:

« 上妻宏光「生一丁!」TOUR2010in北野文芸座 | トップページ | 東山魁夷館開館20周年記念展-Ⅰ白い馬の見える風景 »