2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画『オカンの嫁入り』 | トップページ | 映画『十三人の刺客』 »

2010年10月 4日 (月)

大河ドラマ『龍馬伝』第40回「清風亭の対決」

Ryomaden 今回は龍馬vs後藤象二郎…!


大河ドラマ『龍馬伝』
第40回「清風亭の対決」

馬関での戦いを終え長崎に戻ったものの、奉行所のお尋ねものになっていて出歩けない龍馬。一方、土佐商会として長崎で商売をしたい弥太郎ですが、どこでも龍馬の紹介が必要と言われ、そのことを後藤象二郎に言い出せずにいました。そこへ時勢を見極めた土佐の山内容堂から「薩長と密かにつながれ」との命が下り、小曽根乾堂やお慶から、どうして龍馬に頼まないのかと言われた象二郎は、これまでの私怨を超えて龍馬に会う決心をします。しかしうまくいかなかった場合は、龍馬を斬れという命令も下すのでした。
龍馬の居場所を探す弥太郎が引田屋にいると龍馬が突然現れ、象二郎と会うと言出だします。龍馬には、大政奉還のために徳川家を大事にする土佐藩を薩長側に引き込んで、武力討幕を止めたいという目論見があったのです。
清風亭で対決する龍馬と象二郎。話の展開次第では斬りこもうと部屋の外で構える象二郎側の上士や社中の面々、そして弥太郎やお元が見守る中、龍馬は象二郎に、徳川の世はもう終わること、徳川家を守るには大政奉還しかなく、薩長とつながるのならしっかり手を組む覚悟でなければだめで、土佐が新しい日本を作る要になるのだと説き…。


武市を助けたい一心で龍馬が危険を冒して土佐に戻ったとき以来の、象二郎との対決でしたね。向かい合うふたりはもちろん、襖を隔てて控える土佐上士たちと、障子の外で中の様子を伺う亀山社中の面々の作り出す緊張感、思わず見入ってしまいました。
今まで、龍馬との対比の意味からなのか、良い描かれ方が少なかった印象の象二郎ですが、今回の清風亭での場面は今までで一番魅力的だった気がしました。
それにしても、龍馬を探しまわる弥太郎のドタバタ…気の毒に思いながらもちょっと笑ってしまいました。そして、引田屋でお元相手に愚痴る様子にも(笑)。
今週、上野にある旧岩崎邸庭園へ行ってきたところで、ドラマへの気持ちが高まってきました。あと1か所くらい、どこか龍馬か誰かにゆかりの場所に行ってみたいなぁと思っています。

« 映画『オカンの嫁入り』 | トップページ | 映画『十三人の刺客』 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

私はその昔、桂浜へ行ったことがあります。

もういちど、行きたくなりました(^^)

良く分かります。
ありがとうございます。

>あんずさん

あぁ。桂浜へ行かれたことがあるんですね…!
私もいつかは訪れてみたいものです。

>太郎さん

はじめまして。
記事の内容が良く分かっていただけたということでしょうか。
でしたらありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/49639708

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『龍馬伝』第40回「清風亭の対決」:

« 映画『オカンの嫁入り』 | トップページ | 映画『十三人の刺客』 »