2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 日本の音~入門編~in新宿ミノトール | トップページ | 古武道音絵巻其の一 »

2010年10月10日 (日)

大河ドラマ『龍馬伝』第41回「さらば高杉晋作」

Ryomaden2 今回、高杉が最期を迎えます…。

大河ドラマ『龍馬伝』
第41回「さらば高杉晋作」

土佐藩と手を結んだ龍馬たちは「海援隊」として再出発し、新たな脱藩浪士が加わり、小曽根が用意した離れで土佐藩の庇護のもと、船を使って新たなビジネスを展開し、大政奉還を目指すという目標を掲げます。
龍馬を追う長崎奉行・朝比奈には象二郎が、龍馬は土佐藩士であり詮議は無用と押し切りますが、龍馬は身の危険を感じ、お龍を三吉に預けようと下関に向かうと、そこでは高杉が死の床に就いていました。高杉と木戸に会った龍馬は、土佐藩が大政奉還の策に乗ったことを伝え、長州も戦わずして幕府を倒そうと説得するものの木戸は納得しません。高杉と、身分など関係ない新しい国の形を語り合った龍馬は、高杉の夢を引き継いでいく決心をするのでした。龍馬を訪ねてきた中岡は、自分は「陸援隊」を作り武力討幕を目指すと宣言。
一方弥太郎は長崎で才覚を発揮し始め、いろは丸を大洲藩から借り受けることに成功。龍馬たちは海援隊の初仕事として、いろは丸で大坂に向け出港します。
そしてその頃、高杉は下関で最期を迎えようとしていました…。


いやもう…、今年このドラマを見ていていちばん泣けた回でした…。
そんなことを言いつつも、冒頭では、亀山社中改め海援隊の前に現れた弥太郎が、大量にたまったツケに目を白黒させる様子には笑っていたわけですが(苦笑)。
…さて、新たなスタートを切った龍馬と、病によってこの世を去ろうとする高杉が日本の未来について語る場面。身分に関係なく、この国のこと、この国の人のためを思う人が上に立つことができる世の中にする…、今そういう世の中になっているだろうか…と思うと、どうなんだろう疑問に感じる部分もあり、考えさせられるものがありました。
高杉の命を奪った病、労咳(ろうがい)は今でいう結核ですが、“亡国病”と呼ばれ恐れられていて、このドラマに登場する人物だけでも、新撰組の沖田総司や、明治に入ってからは陸奥陽之助(宗光)もこの労咳で命を落としたのだそうです。感染を防ぐため高杉の屋敷に近づかないようにというお触れが出ていたにもかかわらず、高杉を慕う人々は彼に元気になってもらおうと食べ物を届けたり、一緒に花見をしようと訪ねてくる様子は涙なくしては見られませんでした。そして、あの世で酒を飲んだり三味線を弾いたりして気楽に暮らす、と言いながら、志半ばでこの世を去ることへの無念さも感じられて、何とも言えない気持ちになりました。
飄々としているようでいて世の中を変えたいという意欲にあふれる高杉を、伊勢谷友介さんが素敵に演じられていて、私は登場したときから大好きでした。もう見られないのは寂しいですね…。

« 日本の音~入門編~in新宿ミノトール | トップページ | 古武道音絵巻其の一 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/49701883

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『龍馬伝』第41回「さらば高杉晋作」:

« 日本の音~入門編~in新宿ミノトール | トップページ | 古武道音絵巻其の一 »