2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« たいたこ | トップページ | 北澤美術館(ガラス工芸) »

2010年11月 6日 (土)

東山魁夷展 風景へのめざめ-信州こころのふる里-

Higashiyamakitazawa
色々と用事を足すためお休みを取った週末、それが済んでふと思いついて、前から興味のあった美術展を観てきました。

東山魁夷展
風景へのめざめ-信州こころのふる里-
北澤美術館本館にて
2010年9月18日(土)~11月19日(金)

展示の内容は主に、国内外を旅して描かれた様々な風景画と、信州の風景を描いた作品によって構成されています。
私が東山魁夷作品に興味を持ったのは2年前。毎年夏に行われているアートイベント「諏訪の長い夜」で北沢美術館を訪れたときに見た「晩鐘」。淡い色遣いが美しく、そこに本当に景色が広がっているように感じられました。その「晩鐘」をまた再び目にすることができたのは嬉しかったです。
展示室内や魁夷展のチラシにあった説明によれば、美術学校に在学していた頃に初めて信州を訪れた東山魁夷さんはその自然に魅せられ、風景画に目覚めるきっかけになったのだそうです。それ以後、信州の風景を題材にした作品をたくさん描き、ゆかりある長野県に数多くの作品、スケッチや習作、資料などを寄贈され、それらは現在、長野市にある東山魁夷館に収蔵されています。今回、北澤美術館の所蔵作品のスケッチや習作が東山魁夷館から提供され、見比べられるのもなかなか興味深いものがありました。
9月には長野市へ出かけたついでに東山魁夷美術館へ行ってきましたが、今年は開館20周年記念として特別展が行われていました。現在の展示は確か「信州賛歌」。そちらでも信州の風景を描いた作品がたくさん並んでいることでしょうね。時間を作って出かけたいものです。
信州の自然を愛し、たくさんの作品を残してくださったことを、信州に住む者のひとりとしてとても嬉しく思うのと同時に、もっと早く知っていたかったなぁという残念な気持ちもあります。しかし、たくさんの作品を目にすることで、その心の一端に触れることのできる喜びを感じた、とても幸せな時間を過ごしました。

« たいたこ | トップページ | 北澤美術館(ガラス工芸) »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/49946003

この記事へのトラックバック一覧です: 東山魁夷展 風景へのめざめ-信州こころのふる里-:

« たいたこ | トップページ | 北澤美術館(ガラス工芸) »