2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 小鯛焼と懐中汁粉 | トップページ | 大河ドラマ『龍馬伝』最終話「龍の魂」 »

2010年11月27日 (土)

東山魁夷館開館20周年記念展-Ⅱ信州讃歌

Kaiikan
9月に続いて東山魁夷館へ。

東山魁夷館開館20周年記念展
Ⅱ信州讃歌
長野県信濃美術館 東山魁夷館にて
10月1日(金)~11月30日(火)

今回の展示は、東山魁夷さんの作品の中から、信州の自然・風景をもとに描かれた作品を集めたもの。実はこの日、午後から「子どものためのギャラリートーク」というイベントが行われる日だったようですが、どうも子どもさんの姿がなく(苦笑)。展示室にいた大人数名が、学芸員さんのお話をお聞きしながら作品を鑑賞することに。私は絵心というものには全く縁がなく、ただただ、あぁ綺麗だなぁとか凄いなぁとか思いながら鑑賞するばかりですが、日本画のことを画材のことや色の重ね方なども交えながら聞かせて頂き、また、東山魁夷さんがひとつの作品を描くまでの準備にとても時間をかける方だったというエピソードを、本制作に至るまでのスケッチや下絵を見ながら詳しく説明してくださって、とても興味深かったです。
なかでも良いなぁと思ったのは、乗鞍高原と北ドイツに取材して描かれたという「霧氷の譜」。遠くまで見通せる風景が描かれたものは、そこにずっと広々とした景色が広がっているような感覚になりますが、これは、凍った枝が一面に描かれていて、なんというか…飛び出してくるような立体感に目を奪われました。青みがかった色遣いも、しんしんと冷え渡る空気が感じられるようでした。
今月は諏訪の北澤美術館でも東山魁夷展に出かける機会があり、そちらでも信州の自然を描いた作品をいくつも観ることができ、とても癒される時間をたくさん過ごせました。

« 小鯛焼と懐中汁粉 | トップページ | 大河ドラマ『龍馬伝』最終話「龍の魂」 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

りみっとさん、こんばんわ~!!
東山魁夷美術館、いいですね~!!前に東山画伯の絵を見て、衝撃を受けた事があります。唐招提寺の襖絵。この絵が視界に入ってきた途端、波の音が聞こえたのです。びっくりしました。デパートの中の美術館で見たのですが、唐招提寺で是非、見たいっ!て思いました。
「にほんごであそぼ」の道山さん、友人に教えてもらって見たのですが・・・言われないと気づかなかったです。「変な頭で踊ってる」って聞いて・・・とっても???だったのですが、「あ~っ!」って画面、指差しちゃいました!!

>まりすけさん

まりすけさんも東山魁夷さんの絵がお好きなんですね…!私がその作品に心を動かされたのは「晩鐘」と、あとはまりすけさんがご覧になった唐招提寺の襖絵とは違う、作品名は忘れてしまったのですが、海の荒波を描かれた作品でした。
今回の展示では唐招提寺mp障壁画の下絵やスケッチを見ましたが、私もいつか生でこれを観たいなぁと思いました。

「にほんごであそぼ」…道山さん、たしかにちょっと風変わりなかぶりものをしていますよね(苦笑)。私も、道山さんが出演されると知っていて見たのですが、それでも、本当に道山さん…?と目を疑ってしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/50155731

この記事へのトラックバック一覧です: 東山魁夷館開館20周年記念展-Ⅱ信州讃歌:

« 小鯛焼と懐中汁粉 | トップページ | 大河ドラマ『龍馬伝』最終話「龍の魂」 »