2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画『ノルウェイの森』 | トップページ | 道山さんin津軽三味線 上妻宏光LIVE »

2011年1月 4日 (火)

映画『最後の忠臣蔵』

Saigonochushingura 2011年、映画館で観る2作目はこちら。


映画『最後の忠臣蔵』

吉良邸への討ち入りで知られる赤穂浪士には、ふたりの生き残りがいました。
ひとりは切腹の列に加わることを許されず、大石内蔵助から真実を後世に伝え遺族を援助するよう命じられた寺坂吉右衛門。そしてもうひとりは、討ち入り前夜に忽然と姿を消した瀬尾孫左衛門。彼は、間もなく生まれてくる内蔵助の隠し子を守り抜くという極秘の使命があったのです。討ち入りから16年が経とうとするある日、赤穂浪士の遺族を訪ね歩く旅を終えた吉右衛門は、京へ向かう道中で孫左衛門の姿を見かけ…。


孫左衛門が内蔵助から託されたものは、主に殉じたいという武士としての気持ちからすれば、それはきっと耐えがたい気持ちとともに、これ以上ないくらいの喜びの両方を感じる使命でもあったのかなぁと思います。
忠臣蔵のお話とか、役所広司さん演じる孫左衛門と佐藤浩市さん演じる吉右衛門の友情とかそういうものに感動し、安心して見ていられるお芝居に充分満足した部分はありますが、それはそれとして、嫁ぐ娘と父親(本当の親子ではありませんが)の物語のような部分に心を動かされる部分がすごく大きく、史実をもとに膨らませたフィクションではありますが、事実もこうだったらいいなぁと心のどこかで思ってしまうくらいでした。
それから…内蔵助の娘・可音を演じる桜庭みなみさんの可愛らしさ、安田成美さん演じるおゆうさんの美しさにも目を奪われ、時代劇を見るときにしか味わえないドキドキ感がありました。
ドキドキといえば、茶屋四郎次郎の息子・修一郎が、可音を見染めて初めて声をかける場面は、その積極的な様子と修一郎を演じる山本耕史さんの男前っぷりに、これはちょっとドキドキでした。また、笈田ヨシさん演じる四朗次郎と修一郎が、可音がなかなか素性を言わないので、その正体が分かるまでに家内で交わす「謎な女子(おなご)やなぁ」という会話も面白かったです。そう、とくにお父さん役である笈田さんが良い味出してて…楽しいものがありました。
観に行くまでは、全体的に重たい話かなぁという気がしていて、その予想はある意味当っていたのですが、結婚式や披露宴に行くとなぜか感動して泣いてしまうような、そういう感動もあって、なかなか良かったです。



映画『最後の忠臣蔵』(2011年、日本)
(監督)杉田成道/(原作)池宮彰一郎「最後の忠臣蔵」/(脚本)田中陽造
(音楽)加古隆
(出演)役所広司/佐藤浩市/桜庭みなみ/山本耕史/吹風ジュン/田中邦衛/伊武雅刀/笈田ヨシ/安田成美/片岡仁左衛門 ほか
(公式HP)http://wwws.warnerbros.co.jp/chushingura/

« 映画『ノルウェイの森』 | トップページ | 道山さんin津軽三味線 上妻宏光LIVE »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『最後の忠臣蔵』:

« 映画『ノルウェイの森』 | トップページ | 道山さんin津軽三味線 上妻宏光LIVE »