2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 雪かき | トップページ | 大河ドラマ『江 姫たちの戦国』第6回「光秀の天下」 »

2011年2月13日 (日)

カノラ ウィークエンド・コンサート「茂山家のお豆腐狂言」inカノラホール

Otofukyogen
狂言を観に行ってきましたが…今回は私にとってはちょっとチャレンジ。
普段は野村萬斎さんの出演している狂言の催しくらいしか観に行かない私ですが、地元のホールで茂山家の狂言公演があると知って、近くで観られるならぜひ行ってみよう、というわけで、出かけてきました。


カノラ ウィークエンド・コンサート
「茂山家のお豆腐狂言」
2011年2月13日(日)14:00開演
カノラホールにて


狂言「呼声(よびこえ)」
主人・茂山七五三、太郎冠者・茂山逸平、次郎冠者・山下守之
(おはなし)無断欠勤していた太郎冠者が帰ってきたと聞いた主人は、次郎冠者を引き連れて自宅まで叱りに行きますが、居留守を使い出てこない太郎冠者を何とか呼び出そうと、主人と次郎冠者は「作り声」や「平家節」で案内を請うと、対する太郎冠者も「作り声」「平家節」で居留守を使います。主人・次郎冠者と太郎冠者の知恵比べの結末は…。

解説・茂山茂

小舞
「宇治の晒」山下守之
「景清」茂山逸平
「京童」茂山七五三
「細雪」茂山茂

狂言「お茶の水」
住持・茂山七五三、新発意・茂山茂、いちゃ・茂山逸平
(おはなし)ある日の暮れ、茶の湯を控えた住持が野中の清水まで水を汲みに行くように新発意に言いつけるものの頑として断られ困った住持は、門前に住んでいるいちゃという女の子に頼みます。渋々ながら野中へ行き心細くひとりで水を汲んでいるいちゃのところへ新発意が現れ、いちゃに言い寄ります。新発意といちゃが良い仲になりかけているところへ、戻りの遅いいちゃを心配した住持が現れ…。


流派や家によって同じ演目でも演じられ方が違うことがある、というのを見聞きしたことがあったので、普段観ているものと違うものに興味はありながら、その違いを自分がどう受け止めるんだろう…ということが少し不安な部分もありましたが、今までに観たことのない演目だったのが良かったのか、あまり難しいことは考えずに楽しむことができました。
まず最初の「呼声」。太郎冠者が、主人や次郎冠者の案内を請う声に応えるそのやり取りが面白いのはもちろんですが、人が通るかもしれないような場所で「太郎冠者はいますか」「太郎冠者は留守です」と謡い合っている様を想像したら無性に可笑しくて楽しかったです。そしてなにより、七五三さん演じる主人と山下さん演じる次郎冠者が、逸平さん演じる太郎冠者の返答を聞いて笑い合うところとか…、何とも言えない微笑ましさがあり、ついついこちらも笑顔になっていて、心温まるものがありました。
「呼声」のあと、解説の茂さんが登場。狂言全般のこと、今回上演される演目についてなど、様々なエピソードを交えながらたくさんお話してくださって、これもなかなか楽しい時間でした。
続いて、小舞4曲。想像していたよりも謡の言葉も分かりやすく、舞う演者さんひとりひとりの手先、足先までが美しくて、ずっと見入っていました。印象的だったのは、「京童」。子どもが遊ぶ様を表したものだと説明があり、それをいちばん年長の七五三さんが演じるというのが、最初「?」という感じだったのですが、ちょっとした仕草がお茶目で可愛らしく、心が和みました。
休憩をはさみ、最後に「お茶の水」。新発意と住持が水汲みをめぐって言い合う様子、水汲みに行ったいちゃと新発意の謡いを使ったやりとりの面白さ、そんなふたりの姿を見て怒った住持と新発意の喧嘩する様子はもう可笑しくてたまりませんでした。

今回の公演、“ウィークエンド・コンサート”という名前が付いているということで、小舞や謡いの出てくる演目が並んだのだそうです。会話の面白さを楽しむ部分の多い狂言ですが、朗々と響く声や日本語の美しさも堪能できて、良い時間になりました。

« 雪かき | トップページ | 大河ドラマ『江 姫たちの戦国』第6回「光秀の天下」 »

能・狂言」カテゴリの記事

コメント

りみっとさん、こんばんわ~!!
とうとう茂山家、体感しましたね!!ぐひひ←意味不明・・・。すみません。
「呼声」は楽しい曲ですよね!!最後のほー、浮かれ節といいますか・・・ウキウキしちゃいますよね!!で、途中に解説があったんですね。珍しいですね~!!大体は最初にするんですが。小舞がある為でしょうね。沢山の小舞が見られて羨ましいです!!小舞、好きなんですよねぇ。「京童」かいぐりかいぐりあーばーばーの所が特に好きだなぁ~!!七五三さんだと愛嬌があってほっこりしますね!!

>まりすけさん

はい、狂言を観はじめて約10年、遅まきながら茂山家の狂言をようやく体験してきました。
能の仕舞は結構見る機会があったのですが、小舞は初めてでした。なかなか良いものですよね。
まりすけさんのおっしゃる通り、小舞は言葉の難しい部分があるので解説が必要だけど、「呼声」は解説なしでも楽しく見られるだろう…ということで中間で解説が設けられたのでしょうね。
七五三さんは笑顔やちょっとした仕草がとってもお茶目で、本当に心を和まされました♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 雪かき | トップページ | 大河ドラマ『江 姫たちの戦国』第6回「光秀の天下」 »