2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 大河ドラマ『江 姫たちの戦国』第11回「猿の人質」 | トップページ | 高校デビュー »

2011年4月 4日 (月)

大河ドラマ『江 姫たちの戦国』第12回「茶々の反乱」

Gou_2 茶々に迫る秀吉の手。そして江の縁談。


大河ドラマ『江 姫たちの戦国』
第12回「茶々の反乱」

ある朝、江たち三姉妹の部屋が華やかな着物で埋め尽くされていました。それは茶々に目をつけた秀吉の仕業で、そのうえ、これまで三姉妹が身につけてきた母との思い出詰まる着物は処分されていて、茶々や江は激怒。それでも秀吉はめげることなく、豪勢な食事を次々と用意しますが三姉妹は着物や食事に一切手をつけず…。


安土城のなかで繰り広げられる、秀吉と茶々の静かな戦。
秀吉のしたたかさというか、執念深いところはちょっと気持ち悪い感じもあり、宗易の茶室でお菓子を口にした三姉妹が涙するのを見て「健気よのう」ともらい泣くところとか、まあツッコミどころ満載でしたが、それはそれとして、個人的には、秀吉や側室の龍子に振り回される三成の様子が結構ツボで、茶々に「命じられればなんでもするのか!」と言われたときの様子とか、そのあと秀吉の前でも上の空だったり、茶室の様子を秀吉とうかがっていた時の表情とか…色々気になるところがあって、この先の三成のことが気になります。
私がなぜこんなに三成が気になるのかというとですね。今年公開の映画『のぼうの城』の原作の方を読んでいたとき、三成が結構お気に入りだったからなのです。今年の大河ではどんな三成像になっていくのか、そういう目線でも楽しみにしています。
さて。最後の最後で江の嫁入りの話が出てきましたが、次回この辺を詳しく見られそうなので楽しみです。

« 大河ドラマ『江 姫たちの戦国』第11回「猿の人質」 | トップページ | 高校デビュー »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/51291190

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ『江 姫たちの戦国』第12回「茶々の反乱」:

« 大河ドラマ『江 姫たちの戦国』第11回「猿の人質」 | トップページ | 高校デビュー »