2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 続・手合わせ | トップページ | ぴんとこな »

2011年7月23日 (土)

中村勘三郎特別公演inまつもと市民芸術館

Kanzaburo20110723
勘三郎さんの復帰公演に出かけてきました。


中村勘三郎特別公演
2011年7月23日(土)13:00より
まつもと市民芸術館主ホールにて

浦島 中村勘太郎
藤娘 中村七之助
身替座禅 中村勘三郎/中村いてう/中村仲之助/中村仲四郎/中村扇雀


この公演が発表されたときから、近くでやるならぜひ行きたいと思い楽しみにしていたイベントでした。体調不良でお休みされていた勘三郎さんの本格復帰公演ということで、マスコミの方もかなりいらっしゃり、勘三郎さんや勘太郎さんの奥さんの姿を拝見することもでき、開演前からいつもお芝居を観に行くときに感じるのとは違う雰囲気を味わいました。

さて。
まず登場したのは「浦島」の勘太郎さん。竜宮城から帰ってきた浦島太郎が別れた乙姫を想って帰りに渡された玉手箱を開けてしまい、老人の姿になってしまう…というお話。若々しい姿で乙姫を想って舞う姿にうっとりし、老人の姿での表情や動作、その変化が面白く楽しい作品でした。
次は七之助さんによる「藤娘」。以前、同じ会場で坂東玉三郎さんのものも拝見したのですが、舞台に藤の花が咲き誇る様子や何度も変わる藤娘の衣装などが華やかでまた楽しませてもらいました。舞台の上手、下手、中央でお辞儀をする場面(振付に入っているものらしいですね)が本当に可愛らしく、玉三郎さんのときも可愛らしいと思った記憶があるのですが、やはり演じる人によって少しずつ違うのだな…と思いました。何がどう違う、というのを言葉で説明するのは難しいのですが…。1階席のかなり後ろの方の席だったので双眼鏡持参で行ったのですが、それで覗くと七之助さんの色気のある目、表情に吸い込まれるようで、本当にドキドキでした。

休憩をはさみ、いよいよ勘三郎さん出演の「身替座禅」。狂言の「花子(はなご)」が元になったお話。勘三郎さん演じる右京は、愛人の花子に逢いたいがために奥さんの玉の井に「座禅を組みに行く」と嘘をつき、家来の太郎冠者に自分の代わりに座禅を組ませるのですが…というお話。能・狂言って、色っぽい部分とかを排除した演出だったり配役がされていることが多いので、花子との逢引きからもどった右京の乱れた感じとか…、歌舞伎らしい演出という印象がありました。
自分の身代わりを用意して、うまく奥さんをごまかした…と思いきや、早々にそれが露見し、小袖を被っている人物が太郎冠者から奥さんに代わっていることに気付かず、花子との逢瀬を事細かに語る右京と、それを小袖の陰から怒りに身を震わせながら聞いている玉の井の姿が、また、ふたりが顔を合わせたときの何ともいえない間、沈黙が可笑しかったです…。扇雀さん演じる玉の井の、右京にとってはおそろしい、右京のことが大好きでちょっと嫉妬深いところがとても人間らしく、それがとても魅力的でした。
それにしても。舞台に登場しただけで人を惹きつけることのできるあのオーラやお芝居、やっぱりこの人がいなくては、と思わされます。花子に逢うため花道をはけていく姿を見て胸が一杯になり、それでも、後半は特に笑える場面があるだろうから泣くことはないだろう…と思っていて、それはその通りになったのですが、終演後に再び舞台に現れた勘三郎さんの挨拶と、「こんなにたくさん来てくださって…」と言って涙で言葉に詰まった様子を見たら、最後の最後にもらい泣きでした。

勘三郎さんの姿は、先月のコクーン歌舞伎にサプライズで登場されたときに拝見したのですが、今回は本格的にお芝居をされる姿や、ご挨拶される声を聞くことが出来たので、本当に戻ってこられたんだなぁという実感がありました。劇場に置かれていた「幕上がる」の最新号に寄稿された勘三郎さんのコメントを読み、帰宅してからもじんわりと感動。
まだまだ完璧に体調が戻ったということではないそうなので、あまり無理されずに身体を大事にしていただきたいなぁと思います。

« 続・手合わせ | トップページ | ぴんとこな »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

遅いコメントでごめんなさい。
行かれたのですね。
踊りが半分だったので、もし行く人が少ないようだったら行こうかなと思っていたら、完売ということで良かったです。
他の回だったのか、勘三郎さんの声が少し擦れてしまっていたとの書き込みも読んだので、相当に煩っていらしたのだなと、びっくりもしました。
この秋は勘太郎さんが勘九郎を襲名されるとのこと。中村屋さんにとって、この秋が一層めでたい門出になると良いですね。

>knさん

こちらこそ遅い返事ですみません。
そうですね…今回は、舞踊と、舞踊の要素の多い演目ということで、ちょっと特殊でしため。
舞台が久々だったのでとても緊張されていたでしょうし、声の掠れもあったかもしれません。
お孫さんの誕生や勘太郎さんの勘九郎襲名など、おめでたい話題もあるので
勘三郎さんにとって良い影響があると良いなと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中村勘三郎特別公演inまつもと市民芸術館:

« 続・手合わせ | トップページ | ぴんとこな »