2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 中村勘三郎特別公演inまつもと市民芸術館 | トップページ | 読経しちゃうぞ!&さんすくみ »

2011年7月24日 (日)

ぴんとこな

Pintokona_2
勘三郎さんの公演を観たから…というわけではありませんが、歌舞伎に関する話題が続きます。


嶋木あこ・著
「ぴんとこな」

歌舞伎の世界を描いたお話ということでちょっとだけ気になっていたのですが、この間別の本を買った時に付いてきたお試し版で第1話を読んで、やっぱりちゃんと読みたい!と思い購入。
歌舞伎の家に生まれた御曹司なのにあまりやる気のない恭之助と、歌舞伎とは無縁の家の生まれながら実力でのし上がろうとする一弥が、歌舞伎を愛する少女・あやめを好きになったことから始まる物語。
リアルの歌舞伎の世界も見目麗しい役者さんがいっぱい居ますが、この漫画の中に登場する恭之助と一弥は、こういう人がいたら良いなぁ…と思う感じ。それぞれにもがきながら前に進もうとする姿がときには笑いを誘いながらも、キュンとさせられるものがありました。
そして…、作者の方の画風がもともとそうなのかもしれませんが、女の子のキャラは普通に可愛いなぁという感じですが、男の子のキャラはそこはかとなく色気があってドキドキします。
まだまだ連載中の作品なので、雑誌で漫画を読む習慣がない私としては単行本になるのを待ちながらという感じではありますが、これからがますます楽しみな作品です。歌舞伎はここ最近好きになった分野なので、楽しみながら歌舞伎のことももっと知りたいなぁと思います。

« 中村勘三郎特別公演inまつもと市民芸術館 | トップページ | 読経しちゃうぞ!&さんすくみ »

「本」カテゴリの記事

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/52350715

この記事へのトラックバック一覧です: ぴんとこな:

« 中村勘三郎特別公演inまつもと市民芸術館 | トップページ | 読経しちゃうぞ!&さんすくみ »