2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 古武道コンサートツアー「イツクシミ」inまつもと市民芸術館 | トップページ | スタジオジブリ・レイアウト展in松本市美術館 »

2011年10月 4日 (火)

上妻宏光「生一丁!」Tour2011~響舞会~inまつもと市民芸術館

Agatsuma2011
古武道の翌日、次は同じ松本で上妻さんでした。


上妻宏光「生一丁!」Tour2011~響舞会~
2011年10月2日(日)15:30開演
まつもと市民芸術館にて


[演奏曲]※競演:浅野瑞穂
六段
津軽かぞえうた
しゃぼん玉
磯原節
大漁唄い込み
津軽あいや節
津軽よされ節
----------
津軽じょんがら節(旧節)
津軽三下り
時の旅人
紙の舞※
秋田荷方節※
津軽じょんがら節(新節)
----------
(アンコール)
祭りばやし※


上妻さんの「生一丁!」は昨年初めて長野で聴く機会があり、三味線のことには本当に疎いのですが、演奏される姿だったり音色がとても良くて、また是非と思っていたら今度は松本、しかももともと出かける予定だった古武道の翌日とあっては、これは行くしかない!ということで。
演奏はもちろん凄いなぁと聴き入って見入ってしまうのですが、曲の間にしてくださるお話が面白く興味深くて本当に楽しかったです。途中で、五大津軽民謡のさわりを一曲ずつ弾いた後に「ではこれはどの曲でしょう?」という聴き分けクイズ(?)があり、一生懸命聴いたらもしかしたら分かるかも?とかなり真剣に聴いたのですが、やっぱり難しいですね…。また、じょんがら節を派手なバージョンと民謡らしい普通のバージョンで弾き分けて聴かせてくださるのですが、派手なほうは民謡というよりはむしろロックのようで、それはそれで迫力がありカッコいいのですが、普通の民謡らしい弾き方のほうが切ない感じがして良いなとも思いました。
後半は、舞踊家の浅野瑞穂さんとの共演曲があったのですが、浅野さんの舞う姿がとても美しくてびっくり。そして、お話しするとちょっと天然ぽいというか上妻さんと会話がかみ合ってないところがあったりして、意外に面白い方なのかなぁという感じもしてびっくり。でも一番びっくりだったのは、手の指を細かく動かすときに関節がひとつずつ曲がっていたことでしょうか…。
終演後の握手会に参加したいなぁ…と思いCDをあれこれ物色していたら、スタンダードナンバーをカバーしたアルバムを発見。聴くのが楽しみです。

« 古武道コンサートツアー「イツクシミ」inまつもと市民芸術館 | トップページ | スタジオジブリ・レイアウト展in松本市美術館 »

音楽」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上妻宏光「生一丁!」Tour2011~響舞会~inまつもと市民芸術館:

« 古武道コンサートツアー「イツクシミ」inまつもと市民芸術館 | トップページ | スタジオジブリ・レイアウト展in松本市美術館 »