2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« russetトートバッグ | トップページ | ごく私的なイベントメモ&記事リンク(2011年分) »

2011年12月30日 (金)

ねむりねずみ

Nemurinezumi
久しぶりに図書館で借りた小説。


近藤史恵
「ねむりねずみ」

花形役者・小川半四郎の婚約者がお芝居の上演中に謎の死を遂げる…という怪事件を、探偵の今泉とともに調べることになったのは、大部屋役者の瀬川小菊。物語は、この小菊が事件の真相に迫っていく様子と、事件が起こった時に舞台にいた若手女形・中村銀弥の妻・一子が、突然物の名前や言葉が出てこなくなってしまった夫の様子に戸惑い苦悩する様子が交互に描かれながら進んでいくのですが、この、二つの謎がどんな風につながっているのか…というのが、終盤で一応は明らかになるのですが、実はその後にもうひとつどんでん返しが…というところで、びっくりというか、空恐ろしいというか。芸の肥やしなんて言葉がありますが、芸のために女遊び、の方がまだ可愛いと思ってしまう結末でした。
その結末とは別に、小菊の師匠である女形の大御所・瀬川菊花の、怖いと見せかけて実はお茶目な性格が可笑しかったです。

« russetトートバッグ | トップページ | ごく私的なイベントメモ&記事リンク(2011年分) »

「本」カテゴリの記事

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/53609210

この記事へのトラックバック一覧です: ねむりねずみ:

« russetトートバッグ | トップページ | ごく私的なイベントメモ&記事リンク(2011年分) »