2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画『マイウェイ 12,000キロの真実』at初日舞台挨拶つき上映(新宿バルト9にて) | トップページ | 映画『アントキノイノチ』 »

2012年1月18日 (水)

映画『ロボジー』

Roboji 2012年、映画館で観る6作目はこちら。


映画『ロボジー』

家電メーカーの落ちこぼれ社員3人組は、ワンマン社長の命令で二足歩行ロボットの開発をすることに。しかしロボット博が一週間に迫ったとき、制作中のロボット“ニュー潮風”が大破。窮地に追い込まれた3人は、ロボットの中に人間を入れてごまかす作戦を思いつきます。にせのオーディションで選ばれたのは、73歳の老人・鈴木重光で…。

ロボットの代役をオーディションで見つけ、その場限りにすむはずが、思わぬ展開になってしまい、最初はその場その場をごまかし乗り切ろうとしていた3人組が少しずつ変化していく辺りは、同じ矢口監督の「スウィングガールズ」で、補習がさぼれるからとブラスバンドを始めた落ちこぼれ女子高生たちがジャズにのめり込んで行く様子が描かれたのにも似ていて、その頑張る姿が微笑ましいというか、思わず応援したくなる感じ。
そして、ロボットの中身(?)のお爺さんの調子に乗る様子が分かりやすいのが面白く、でも孫や娘にいい顔したいというか慕われたい部分はちょっと切ないような気持ちにさせられました。
二足歩行のロボットはテレビで目にする機会は多く、本当に人間の動きに近くなってきてびっくりさせられるのですが、もしもそれに人間が入っていたら…?と思うと可笑しいなぁなんてことを思ってしまいます。

« 映画『マイウェイ 12,000キロの真実』at初日舞台挨拶つき上映(新宿バルト9にて) | トップページ | 映画『アントキノイノチ』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ロボジー』:

« 映画『マイウェイ 12,000キロの真実』at初日舞台挨拶つき上映(新宿バルト9にて) | トップページ | 映画『アントキノイノチ』 »