2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ビブリア古書堂の事件手帖 | トップページ | あずきのチカラ »

2012年1月10日 (火)

陰陽師玉手匣

Onmyojicomictamatebako
久々に、コミック版の陰陽師の新刊。

岡野玲子
「陰陽師玉手匣」

博雅が、火事で行方知れずになった琵琶の名器・牧馬とめぐりあうお話とか、晴明と若子(晴明の子・朔)が暗闇丸に出会うお話、などなど。もの凄く大雑把な説明で申し訳ありませんが、そんな感じです。久々に岡野玲子さんによる美しい晴明を堪能できて幸せでした。
巻末の、陰陽道や天文時計、東寺など、お話に出てくる事柄について説明されたページもなかなか楽しかったです。幻の天文時計の完全復刻版として、下諏訪の儀象堂にある「水運儀象台」が紹介されていました。数年前にこの時計台のなかを見学したのですが、階段や通路がとても狭くて歩くのが大変でしたが、ちょっとした探検気分が味わえたのを思い出しました。

« ビブリア古書堂の事件手帖 | トップページ | あずきのチカラ »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/53715590

この記事へのトラックバック一覧です: 陰陽師玉手匣:

« ビブリア古書堂の事件手帖 | トップページ | あずきのチカラ »