2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ことりっぷ6 | トップページ | 映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 »

2012年3月15日 (木)

映画『はやぶさ 遥かなる帰還』

Hayabusaharuka 2012年、映画館で観る12作目はこちら。


映画『はやぶさ 遥かなる帰還』

2003年5月、小惑星探査機“はやぶさ”を搭載したロケットが打ち上げられました。それは、小惑星“イトカワ”から太陽系の起源、地球の起源を探る手がかりとなる石や砂を持ち帰るという、世界でも前例のない困難なミッションへの挑戦の始まりでした。
様々な困難を乗り越え、イトカワでのサンプル採取に成功、2010年6月に地球帰還を果たしたはやぶさは、プロジェクトに関わる人々の思いに見守られていました…。

昨年から今年にかけて、はやぶさ関係の映画の公開が続いていますが、私がいちばん気になっていたのは、この渡辺謙さん主演のもの。
宇宙というと、未知の部分が多かったり、そこに関わる研究で開発された技術が一般に利用されるようになるにはたくさんの時間や手間がかかったりして、なかなか成果が見えづらかったりもするのだなあと思いましたが、こういう夢のある研究って必要だなあと思わせてくれます。
宇宙を旅するなかで、たくさんのトラブルに遭遇しながらも“サンプルリターン”という大変なミッションを成し遂げたはやぶさ。はやぶさにはなぜか、地上で見守る私たちに人間らしさのようなものを感じさせる部分がある気がするのですが、それはきっと、はやぶさがたくさんの夢と思いを載せて飛び発ったからなんだろうなあと思いました。

« ことりっぷ6 | トップページ | 映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『はやぶさ 遥かなる帰還』:

« ことりっぷ6 | トップページ | 映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 »