2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 藤原道山×SINSKE「ボレロ」2012~尺八とマリンバによる世界最小オーケストラ~in松本※ネタバレ注意!! | トップページ | 善光寺界隈散策 »

2012年5月 8日 (火)

尺八&マリンバワークショップ

Dozansinskematsumoto20122
ライブとともに毎年恒例の、ワークショップです♪
ライブの前日に行われました。

2012年5月5日(土)
まつもと市民芸術館オープンスタジオにて
13:00~ 藤原道山 尺八ワークショップ(経験者コース)
15:00~ SINSKE マリンバワークショップ

松本での5回のライブ皆勤賞の私ですが、ワークショップも今まですべて参加させて頂いていますが、今年の尺八のワークショップは初心者コースと経験者コースに分かれたので、経験者コースを選びました。

尺八の経験者コースの課題は「春の海」。お箏を弾く方も参加してのワークショップでした。
まず道山さんから「春の海」についての説明があり、それから少しずつ演奏するときのポイントを説明していただきました。尺八についてはもちろんですが、道山さんはお箏の方にもご自分でもお箏を弾きながら演奏について説明されていました。細かいことも色々とあるのですが、いちばん大きいのはお互いの音を聴くこと、でしょうか。一緒に演奏する人(楽器)がある以上、当然のことなのですが、やっぱり自分のことで精いっぱいになってしまって、どうしても忘れがちですね…!
尺八と楽譜を通して向き合っているせいか、道山さんが目の前にいてもいつもコンサートを聴きに行くときのようなドキドキではなく、本当に普段お稽古で尺八を吹いているときのような緊張感でした。

そして、続いてマリンバのワークショップ。今回は最初からすでにグループ分けがされていて、そのグループごとにマリンバの組み立てからスタート。いちばん最後には解体して箱にしまうところまでをやりましたが、マリンバってひとつひとつのパーツから大きくて重くて、演奏できる状態にするまでが大変なんだなあと改めて思いました。
そして課題の曲は「きょうの料理」。10人1グループで5つのパートを2人ずつで担当し、代わる代わる演奏。グループごとに演出を工夫して最後に発表をしました。
マリンバに触るのは、このワークショップでしか機会がないので毎年毎年いつも苦労するのですが、今年も経験者の方など同じグループの方にたくさん助けて頂きながら練習。今回はリズムのパートを担当し、隣りにメロディを弾く方がいて、その音を聴きながら、自分の出す和音とどうリンクしているのかな?というのを感じながら演奏したのですが、苦手な部分を完全に克服できなくて、最後の発表の時もちょっとあやしい演奏になってしまい、それがちょっと心残りでしたね…。

いつものことながら、道山さんのワークショップは良い緊張感があって、そのなかで色々なお話を聞かせて頂き、SINSKEさんのワークショップはみんなでひとつになろうという雰囲気で楽しみ、今年も中味の濃い充実した時間になりました。
そして、このワークショップでは他の参加者の方とお話する機会があったりし、毎回、またお会いしましょうねとか、そういう風に知り合える方に出会えるイベントで。こうして毎年恒例のイベントになってきたのがとても嬉しいですね!
道山さんとSINSKEさん、そして色々な方と来年また松本でお会いできるのが楽しみです。

« 藤原道山×SINSKE「ボレロ」2012~尺八とマリンバによる世界最小オーケストラ~in松本※ネタバレ注意!! | トップページ | 善光寺界隈散策 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尺八&マリンバワークショップ:

« 藤原道山×SINSKE「ボレロ」2012~尺八とマリンバによる世界最小オーケストラ~in松本※ネタバレ注意!! | トップページ | 善光寺界隈散策 »