2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« SKF2012 | トップページ | 大河ドラマ「平清盛」 »

2012年5月27日 (日)

映画『宇宙兄弟』

Uchukyoudai 2012年、映画館で観る15作目はこちら。

映画『宇宙兄弟』

幼いころ、宇宙飛行士になろうと約束し合った兄弟、六太と日々人。兄・六太はその夢を諦め、別の道へ進みますが、ふとしたきっかけで、宇宙飛行士への夢を再び追いかけることに。一方、幼いころの夢を叶え宇宙飛行士となった弟・日々人は、ついに宇宙へ向かいますが…。

原作の漫画があることは知っていましたが、ストーリーとか諸々の予備知識ほぼゼロで観ました。小栗旬くん演じる兄・六太(ムッタ)は、コンプレックスの塊だったり駄目駄目な部分が身近に感じられたり可笑しかったりして、完璧なヒーローじゃないところにむしろ惹かれるものがたくさんありました。岡田将生くん演じる弟・日々人(ひびと)の真っ直ぐなところは、身近にいないタイプかなあとは思いましたが、物語の中だったらこういう人を見るのは楽しいなとも思いました。
この兄弟の宇宙への挑戦がどうなっていくのかが気になるのとは別に、たくさんの人の宇宙に対する思いが描かれていて、私自身が抱く宇宙への憧れとかそういうものを形にして見せてもらっているような感覚もあって、とても夢があって楽しめました。

« SKF2012 | トップページ | 大河ドラマ「平清盛」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『宇宙兄弟』:

» 宇宙兄弟 [風に吹かれて]
宇宙に行くぞ!公式サイト http://www.spacebrothers-movie.com小山宙哉の同名コミックを映画化主題歌: ウォーターフォー~一粒の涙は滝のごとく (コールドプレイ)幼い頃に [続きを読む]

« SKF2012 | トップページ | 大河ドラマ「平清盛」 »