2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« Ag+ | トップページ | 古武道納涼会~浅草音やしき~in浅草公会堂 »

2012年7月 7日 (土)

藤原道山×SINSKE「ボレロ」2012~尺八とマリンバによる世界最小オーケストラ~in千葉

Dozansinskebolero2012chiba
今年4回目のこのコンサート…(苦笑)。


藤原道山×SINSKE「ボレロ」2012
~尺八とマリンバによる世界最小オーケストラ~
2012年7月6日(金)19:00開演
行徳文化ホールI&Iにて

[第一部]
ガーナイア(シュミット)※SINSKEさんsolo
この道(山田耕筰)
小さな空(武満徹)
荒城の月(滝廉太郎)
月夜浮遊(SINSKE)
After 10 Years(一ノ瀬響)
東風(藤原道山)
[第二部]
鶴の巣籠(尺八本曲)※道山さんsolo
四季より「春」(A.ヴィバルディ)
管弦楽組曲第2番より「ポロネーズ」「バディネリ」(J.S.バッハ)
タルカス(キース・エマーソン)
展覧会の絵(M. ムソルグスキー)
BOLERO for Duo(M.ラヴェル/藤原道山×SINSKE)
(アンコール)
雨にぬれても~Over the Rainbow


5月の松本と名古屋、6月の東京に引き続き、ボレロツアー4回目の参加。
これだけ聴きに出かけていると、もうどの曲も耳になじんできた感じもありますが、それでもというか、それだけにというべきか、おふたりの演奏は何度聴いても聴き飽きることはなくて、むしろいつも聴いていたいと思ってしまいます。オリジナルの曲はもちろん、クラシック曲のアレンジは、たったふたつの楽器で演奏しているとは思えないくらい音色も色彩も豊かに感じられて、さらに、良い緊張感に満たされてもいて、今回も本当に楽しい時間でした。
2ヶ月という短い期間にたくさんおふたりのコンサートを聴くことができたのは、年に一度、松本でお聴きするのを楽しみにしていた最初のころから比べたらなんて贅沢なんだろう!と毎回毎回思いながら出かけていました。そして、いつもコンサートだけではなくあちこちに遊びに出かけたりして旅も楽しませてもらいました。私にとってはこの千葉での公演がとりあえず最後の参加になるので、ちょっと寂しい気持ちもありますが、また違った形でこのおふたりのコンサートをお聴きする機会が今年中にありそうなので、とても楽しみです♪

« Ag+ | トップページ | 古武道納涼会~浅草音やしき~in浅草公会堂 »

音楽」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Ag+ | トップページ | 古武道納涼会~浅草音やしき~in浅草公会堂 »