2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 神様のカルテ2&3 | トップページ | クジラの彼 »

2012年9月14日 (金)

モダンタイムス

Moderntimes1 Moderntimes2
だいぶ時間かかって読みました。


伊坂幸太郎
「モダンタイムス」

システムエンジニアの渡辺拓海が請け負ったのは出会い系サイトの仕様変更で、簡単な仕事のはずが、そのプログラムや発注元にはいくつもの謎があったのです。そんななか、そのプロジェクトのメンバーを次々と襲う不幸な出来事と、時を同じくして妻に浮気を疑われ命の危険をも感じる渡辺は、かつて世間の関心を集めた事件の真相へと迫ることになり…。


伊坂さんの作品は何作か読んでいますが、ここまで話が大きくなるものというと、「ゴールデンスランバー」がいちばん近いのかも。なんというか、社会の大きな仕組みのなかで、ささやかながら自分の生活とか小さな幸せを守ろうとしてもがき、一矢報いようとする人々の姿が描かれているというか。
主人公の渡辺の前にある、様々な謎というか、良く分からないことが、少しずつ解明されていく…と思いきや実は真実と見せかけた何かだったり、その何度もひっくり返る感じに戸惑いつつも決してそれが嫌じゃなく、気持ち良く振り回されながら、とくに後半は、ああアレがココの伏線だったのね!みたいなものを発見する楽しさもありました。
この前のストーリーである「魔王」は、すごく前に読んでいて、ああそうかあの続編なんだなぁとは思ったのですが、もうあまり記憶になくて、読みなおしたい衝動にかられましたが、この作品は図書館で借りて読んでいたので手元にないんですよね…。今度図書館へ行く機会があったら探してみようと思います。

« 神様のカルテ2&3 | トップページ | クジラの彼 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/55651837

この記事へのトラックバック一覧です: モダンタイムス:

« 神様のカルテ2&3 | トップページ | クジラの彼 »