2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 古武道コンサート「アキオト」in八ヶ岳高原音楽堂 | トップページ | 迷惑メール »

2012年10月25日 (木)

「K.ファウスト」in松本

Kfaust 八ヶ岳から帰ってきて翌日は、お芝居鑑賞でした。


K.ファウスト
2012年10月21日(日)13:00より
まつもと市民芸術館特設会場にて

悪魔メフィストと出会ったファウストは、あの世での服従を交換条件に、この世での全ての快楽や富を手に入れるけれど…、というお話。以前東京で、同じお話の蜷川幸雄さん演出のものを見ましたが、元は一緒なのに全然違うものになるんだなあというのをあらためて感じさせられて、すごく興味深かったです。
ファウスト役の笹野高史さんは、普段生のお芝居で目にする時はいつも歌舞伎の舞台なので(あくまで私の都合)、かえって新鮮な感じ。重々しい場面も、コミカルな場面も、本当に引き込まれてしまって、あらためて、なんて素敵な役者さんだろう、そのお芝居をこんな風に目にできることが、とても幸せだなあと思いました。
それから、カスペル役の小日向文世さんがすごく弾けていて、いつも映画やドラマで拝見する小日向さんの印象とは全然違う感じだったのでびっくりしながらも、すごく楽しくて、良いものを見せて頂いたなあと思います。
お芝居はもちろん凄かったのですが、音楽やサーカスもすごく楽しくてドキドキしました。音楽を手掛けたcobaさんが舞台にも登場して役者さんたちの中に混じって演奏されていたり、すごく贅沢な感じ。あ、そうそう。休憩に入るときと、休憩明けの演奏の最初の部分には「信濃の国」のフレーズが使われていました。
哲学的な言葉が出てくる場面もありますが、全体的にはあまり難しく考えず、お話の展開や舞台の上で起こることに気持ちよく身を任せ、心からお芝居や音楽やサーカスを楽しめて、時間が経つのを忘れる素敵な空間でした。

« 古武道コンサート「アキオト」in八ヶ岳高原音楽堂 | トップページ | 迷惑メール »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「K.ファウスト」in松本:

« 古武道コンサート「アキオト」in八ヶ岳高原音楽堂 | トップページ | 迷惑メール »