2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« ミニチュアトラック | トップページ | 1月の観たい映画その後 »

2013年1月30日 (水)

八重の桜:4

今回は八重の家にお嫁さんが。


大河ドラマ「八重の桜」
第4話:妖霊星

前回、色々あって(←端折りすぎ)禁足処分になっていた覚馬が八重と尚之助に助けられ元気を取り戻しましたが、今回は、西田敏行さん演じる西郷頼母の容保への働きかけによって、蘭学塾には尚之助が教授方として取り立てられるなど、良い方向に向かう感じで、おまけに覚馬はお嫁さんをもらうことに。長谷川京子さん演じるうらは、黙々と働くタイプなので、男の人や子供に交じって魚とりをするような(そして鉄砲を撃つ)八重とはなかなか打ち解けない感じ。でもまあ…タイプが違うからとかじゃなくても、お嫁さんと小姑なんて夫婦以上に他人だし仕方ないのかも…(苦笑)。
一方江戸では、大老・井伊直弼が調停に無断で米国と条約を結んだことに怒った徳川御三家の面々が江戸城に押しかけます。しかし登城日ではないのに城へあがったことなどで逆に謹慎処分に。次回は井伊による安政の大獄へ。幕末が描かれると井伊直弼はどうしても悪役的な感じになりますね…。

« ミニチュアトラック | トップページ | 1月の観たい映画その後 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/56690209

この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜:4:

« ミニチュアトラック | トップページ | 1月の観たい映画その後 »