2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 映画『レ・ミゼラブル』 | トップページ | 雪の日 »

2013年1月13日 (日)

ミス・サイゴンin松本

Misssaigon 久々のミュージカル。


ミュージカル「ミス・サイゴン」
2013年1月12日(土)12:00開演
まつもと市民芸術館主ホールにて

1975年4月。ベトナムの田舎娘だった17歳のキムは、家を焼かれ父母を失い、首都サイゴンで、フランスとベトナムの混血であるエンジニアの売春宿で働くことに。最初のお客は戦争に嫌気がさしていたアメリカ兵のクリス。一夜だけのはずがふたりはやがて愛し合うようになるものの、ベトナム戦争の終焉、首都サイゴンの陥落の混乱に引き裂かれ…。

戦争のなかで翻弄される若い男女の恋愛物語。しかし、戦争がなかったらふたりは出会うこともなかったかもしれないわけで…、またそれがやるせない気もしてしまいます。
実は詳しいストーリーなどはあまり知らず、「蝶々夫人」のベトナムver.というイメージくらいしか予備知識がなかったのですが、それだけにストーリー展開にハラハラしたり驚いたりしながら楽しむことができました。
それに、キム役の新妻聖子さんの全身を使い演じ歌う姿から、もの凄くパワーが感じられたし、エンジニア役の市村正親さんは、他のお芝居では2度ほど拝見しているのですが、2006年に観た「スウィーニー・トッド」以来、すごく久しぶりにミュージカルの舞台で拝見して、やっぱりこのオーラは凄いな!とあらためて感じさせられました。ダンスしていて、パッととターンしただけでもそれがめちゃくちゃかっこ良かったです。
久しぶりのミュージカル鑑賞でしたが、歌、ダンス、お芝居をたくさん堪能して楽しい時間でした♪

« 映画『レ・ミゼラブル』 | トップページ | 雪の日 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミス・サイゴンin松本:

« 映画『レ・ミゼラブル』 | トップページ | 雪の日 »