2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 続・大奥 | トップページ | 歌舞伎揚ぷち »

2013年1月 7日 (月)

八重の桜:1

さて…今年の大河ドラマが始まりました。


「八重の桜」
第1話:ならぬことはならぬ

今回は、八重の幼少の頃がメイン。
砲術の家に生まれた八重は、銃を華麗に撃つ父や兄の姿を見て、いつか自分も…と思うのに、女だからと許されません。そんななか、会津藩の軍事操練「追鳥狩」の最中、それを八重が邪魔するという事件が起こってしまう…というお話。

主人公の山本八重を演じる綾瀬はるかさんが登場したのは、最初の鶴ヶ城で戦う場面だけ。子役のちっちゃい八重が元気よく可愛くて見ていてとても楽しく、銃のことを学ぶのを父に咎められながらもやめない姿が健気でした。
それに、若殿さまが初めてのお国入り…ということで、お殿さまに案内する…という形で会津藩の気質、気風を見ている側も感じられたので、そこがとてもうまく作られているなぁと思いました。
そして、八重とともに今回すごく出番が多かったのが、西島秀俊さん演じる八重の兄・覚馬。真面目で優しくて強くて素敵で…こんなお兄さんが欲しいですよ(苦笑)。勉強熱心なところが、会津で銃のことを勉強している八重の姿と重なって、ああ間違いなく兄と妹だなぁと思えたのも良かったです。
覚馬も良かったんですけど…、初回は藩主・松平容保を演じる綾野剛さんの涼やかな若殿さまぶりや、覚馬が出会う吉田松陰が小栗旬さんだったり、八重の後の夫になる川崎尚之助が長谷川博己さんだったり…、今のところどこを見てもドキドキする素敵な役者さんいっぱいなので、楽しく見られそうです。

そういえば、去年の大河ドラマは武士の世をつくることに邁進し続ける平清盛が主人公で、今年は、その武士の世が終わりを告げようとする幕末が舞台。時代がポンと飛んでいるのになんとなく繋がっているようにも感じられますね。
平清盛は緊張感のある映像や音楽でドキドキさせられましたが(そう、このブログではほとんど触れませんでしたが、最初から最後までちゃんと見たのです)、一変して、美しい自然が存分に生かされた映像やほのぼのとさせられる会津の言葉などに触れ、またひとつ新しいドラマが始まったんだなぁと感じさせてくれました。
それから、幕末が大河ドラマで描かれるのは2010年の「龍馬伝」以来ですが、まだ記憶に新しいせいか、なんとなく、あの時はこの役をあの人がやっていたなぁ…というのが思い起こされます。しかし、佐久間象山の私塾の場面で登場した生瀬さん、たしかあの時は吉田松陰だった気が…なんて思うとちょっと可笑しかったです。
私が今までに一年間見通せた大河ドラマが「篤姫」と「龍馬伝」という幕末もの二作なので、同じ時代でも違う視点から描かれ違う役者さんが演じられると同じ人物が違って見えたりもすると思うので、これからがすごく楽しみですね。
大河ドラマの感想をこのブログに書くのは「龍馬伝」以来になると思うのですが…、これを書き始めたのに途中で見なくなって感想も書かなくなるという展開にならないよう、一年間頑張ります…!

« 続・大奥 | トップページ | 歌舞伎揚ぷち »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/56485891

この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜:1:

» 八重の桜 - 2013年大河ドラマ 綾瀬はるか [新ドラマQ]
2013年大河ドラマ「八重の桜」 日曜 NHK 2013年1月6日 - 12月(予定)(50回) [キャスト] 綾瀬はるか 西島秀俊 長谷川博己 松重豊 風吹ジュン 長谷川京子 工藤阿須加 黒木メイサ 剛...... [続きを読む]

« 続・大奥 | トップページ | 歌舞伎揚ぷち »