2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 続・真夜中のパン屋さん | トップページ | 映画『テッド』 »

2013年2月 5日 (火)

八重の桜:5

今回は、松陰最期の回。


大河ドラマ「八重の桜」
第5話:松陰の遺言

ものすごくざっくり言うと、安政の大獄~桜田門外の変までが今回の江戸での動き。江戸から遠く離れた会津でも、交流のあった松陰の死を受け、覚馬や尚之助、八重も衝撃を受けますが、覚馬の妻・うらが身ごもったばかりの子どもを、攘夷派が覚馬を狙って襲撃してきた騒ぎに巻き込まれ流産してしまう…という出来事もあり、全体的には暗いというかつらいエピソードの多い回だった気がします。しかし、冒頭でうらが野菜や土に話しかけるのを八重が聞く場面とか、八重とうらが少し心を通わせているなあと感じられるところもあって、個人的にはそれがすごく心に残りました。

« 続・真夜中のパン屋さん | トップページ | 映画『テッド』 »

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/56736113

この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜:5:

« 続・真夜中のパン屋さん | トップページ | 映画『テッド』 »