2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 2月文楽公演(国立劇場小劇場) | トップページ | 図書館危機(再読) »

2013年2月26日 (火)

マクベスin世田谷パブリックシアター

Macbeth20130222 久々にマクベス。そして萬斎さんです♪


マクベス
2013年2月22日(金)19:00開演
世田谷パブリックシアターにて

ノルウェー王と手を結んで国を乱していた反乱軍を鎮圧したスコットランドの将軍マクベスとバンクォーは帰還中、三人の魔女と出会います。魔女たちはマクベスは新しい領地が与えられ、のちには王となるとの予言をし、バンクォーは王を生み出す人物だと予言します。その直後、マクベスは新しい領地を手にしたことで、王になることもできるのではないかと思い始め…。

王になりたいという願望そして欲望を抱き、しかし一度は王殺しを思いとどまろうとするマクベス。しかし同じように夫を王にという欲望に取りつかれた妻にけしかけられ、ついに王をその手にかけてしまい、王座に就くことができたものの、マクベス夫妻はいつも不安に苛まれています。そんな葛藤、苦悩が描かれる作品。
たくさんの人物が登場する「マクベス」ですが、マクベス夫妻以外の、王やその家臣や魔女などはすべて3人の役者さんが入れ替わり立ち替わり演じていきます。以前、初演の「マクベス」を観たことがあって、そのときと同じ人数ということで、セットとかも同じ感じなのかなあと想像していたのですが、それがかなり変わっていて、セットや衣装、音楽がかなり和の雰囲気が取り入れられていて、前のも面白かったのですが、個人的には今回の方が好きだなあと思いました。
今回、いちばん前のベンチシートを入れても前から3列目という舞台に近い場所で見たので、その臨場感が半端じゃなく、萬斎さんのあまりのかっこ良さにしばらく固まってしまいましたが、贅沢な時間を過ごすことができて幸せでした。

« 2月文楽公演(国立劇場小劇場) | トップページ | 図書館危機(再読) »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マクベスin世田谷パブリックシアター:

« 2月文楽公演(国立劇場小劇場) | トップページ | 図書館危機(再読) »