2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« きいろいゾウ | トップページ | ドラマ「ラストホープ」 »

2013年2月10日 (日)

図書館内乱(再読)

Toshokannairanbunko 1作目に引き続き、再読。

有川浩
「図書館内乱」

図書館を守る任務の中、郁が出会ったのは耳の聞こえない毬江という少女。彼女は郁の上官である小牧に幼いころから面倒を見てもらっていて、今では小牧にひそかな思いを寄せているのでした。しかし、ある日図書館を襲撃した良化隊によって、いわれのない罪を着せられた小牧は連行されてしまい…。

いちばん最初の「図書館戦争」は、主人公の郁と、その上官である堂上がメインでした。2巻にあたる今回は、もちろんメインの二人は変わりませんが、郁の同室の柴崎や同僚の手塚、もう一人の上官である小牧とか、色々なキャラクターにもスポットが当たっているので、そこが楽しいところ。
さて…この巻のラストで、郁が図書隊を志すきっかけになった“王子様”の正体に郁が気づいてしまうのですが…、この先の展開、ドキドキです。

« きいろいゾウ | トップページ | ドラマ「ラストホープ」 »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/56754345

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館内乱(再読):

« きいろいゾウ | トップページ | ドラマ「ラストホープ」 »