2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おしらせ

  • 2007.1.23
    ページトップとプロフィールページに、トラックバックに関するコメントを追加しました。

おさんぽクマさん春の庭

  • わーい
    春の陽気に誘われて、クマさんもおさんぽしてみました。

2007年春の訪れ

  • 綿帽子
    2007年、春の風景を集めてみました。

ほんだな

無料ブログはココログ

« 図書館革命(再読) | トップページ | 植物図鑑(再読) »

2013年3月 6日 (水)

別冊図書館戦争Ⅰ・Ⅱ

Bessatsutoshokansensou1 Bessatsutoshokansensou2
シリーズの最後は、別冊2巻。

有川浩
「別冊図書館戦争Ⅰ」
「別冊図書館戦争Ⅱ」

お話は、本編最終巻の「図書館革命」の後のエピソードですが、稀に郁や手塚の知らない上官たちの過去話も織り込まれつつ、“Ⅰ”では郁と堂上が結婚するまでのあれこれ、“Ⅱ”では郁が結婚して寮を出た後、柴崎が新しく迎えた同室者との関係とか図書館利用者によるストーカーに悩まされたりした挙句危険な目に遭う、というのがメイン(多分)。
図書館で起こる様々な事件も描かれますが、そのなかでも本編よりもラブコメの度合いが高めになっているので、所々でキャーと言いたくなったり、にんまり笑いが止められない感じ。私はこの辺りを遠出するときに電車の中で読もうと思って持って行ったのですが、マスクしてなかったら不審人物だった気が(爆)。
郁と堂上、そして柴崎と手塚がメインと言えばメインですが、副隊長・緒形のエピソードはかなり好きです。そしてその続きが知りたい!と思っているところに、最後の最後で本当の結末が語られているのもニクい趣向ですね。
さてこれで、シリーズ全部を読み終わって、達成感とともに一抹の寂しさも感じてしまいます。それくらいお話が面白く興味深く、また登場人物が生き生きとして魅力的なんですよね…!
4月には実写映画が公開されるということで…楽しみなところです♪

« 図書館革命(再読) | トップページ | 植物図鑑(再読) »

「本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133061/56830861

この記事へのトラックバック一覧です: 別冊図書館戦争Ⅰ・Ⅱ:

« 図書館革命(再読) | トップページ | 植物図鑑(再読) »